2018/07/16
2018/07/15
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/05
2018/07/03

Recent Post

        

漫画描きました

category - 漫画原稿
2018/ 07/ 16
                 
半年前に漫画描きました。



12歳の時以来、約40年ぶりの漫画は、難しいの一言。




IMG漫画縮小版
IMG_0001漫画縮小版
IMG_0002漫画縮小版
IMG_0003漫画縮小版
                         
                                  
        

漫画描きたい

category - コメント
2018/ 07/ 15
                 
漫画描きたい。



4ページ原稿を描いただけだけど。



へたくそだなあと思う。



とりあえず、スマホのピンタレストというアプリで見つけた写真を模写しました。



鉛筆書き(シャーペン)で申し訳ない。



IMG縮小版
IMG_0001縮小版
IMG_0003縮小版
IMG_0002縮小版
                         
                                  
        

日本は永久に敗戦国でいい

category - コラム+ エッセイ
2018/ 07/ 12
                 
今年も8月15日が来る。



お盆には多くの仏様が天界から地上へ降りてくる。



あの戦争で多くの日本人が命を落とした。



私たちのご先祖様が命を犠牲にして平和の尊さ、命の大切さを教えてくれたのに。



靖国神社へ参拝に行き、国の為に戦ってくださった英雄とあがめて。



いつまでもこの日本が敗戦国でいいのかと問う若者。



敗戦の傷は今でも癒えてはいないのに・・・



歴史は繰り返すのだろうか。



戦後GHQが仕組んだ平和憲法が巨悪だという根拠は何だ。



例え強国アメリカの言いなりにさせられても、争いのない国がいい。



右翼が言う、平和憲法のおかげで中国ソ連に責められなかった幻想は。



日本平和憲法が戦争抑止力になった証じゃないか。



戦争をする国でも、軍事紛争は世界からパッシングを受けることをよく知っている。



順番が逆だから右翼の思い通りに事が進んでいる。



憲法を改正して自衛隊を戦闘行為が出来るようにさせるのは、中国の思惑通りになることを安部は知らない。



中国軍と対等にやりあえるくらい、自衛隊を軍拡させたら、日本は軍事大国になる。



平和ボケで何が悪い、戦争を肯定する日本人のほうが異常だ。



自衛せねば奪われるって、いつから日本人は軍隊を認めるようになった。



戦争は悪、はっきりと解っている事実なのに・・・



強い日本を取り戻してはならない。



日本は再び悲劇を味わう国となる、日本はそういう国だ。



日本は永久に痛みを知っている敗戦国のままでいいい。



ダイコンと平和
                         
                                  
        

しあわせって何だろう。

category - コラム+ エッセイ
2018/ 07/ 11
                 
昨日は家の近くの就労支援の作業所へ見学へ行ってきました。



町工場みたいで、自分に鞭を振るうには都合がいいかなと感じました。



今の自分は現状に甘えているんだと思います。



厚生年金は貰えないんだから、くたばるまで働くとしても。



今日は通院している内科へ受診して、採血しました。



帰りに近くのスーパーでおろしとんかつ弁当を買って、車の中で食べました。おいしかった。



家に帰ってきて、エアコンと扇風機をかけながら昼寝していました。きもちいい。



夕方になって焼酎ハイボール飲みながら晩ご飯食べて、黄昏ています。



それにしても、この甘酸っぱい切ないやるせないときめきは何だろう?



他の人は何も感じないのだろうか?



こころが踊ってときめいて、ただ呼吸をしているだけでうれしくてたまらなくなる。



毎日毎日繰り返すだけの日常の中で、こんなにこころがはじけるのは不思議でしょうがない。



それって毎日が新鮮な気持ちで生きていられるってことだから。



酒やめらんないの1スタジオクリップで色付け縮小版
                         
                                  
        

マニュアルミッションが好きなんや

category - コラム+ エッセイ
2018/ 07/ 05
                 
学校を中退してすぐに精神病を発病して、病院へ通うのに原付免許を取れと言われて。



原付免許を取った。



試験場で午前中に筆記試験を受けて、受かったら午後から試験場の近くで実技講習を受ける。



教習バイクは全部おばさんが乗るようなスクーターだった。



教官の一人が倉庫からヤマハのギヤ付きバイク「RD50」(空冷ツーストロークのギヤ付きスポーツバイク、スピードが出る)を持ち出してきて。



それに乗りながら「これに乗ってみろ」と言った。



その場にいた自分と同い年くらいの少年数名は、誰も乗らなかった(自分も含めて)



その時に乗りたかった、乗りますと言えない勇気のない自分が情けなかった悔しかった。



免許証をもらって1週間したら、オヤジが原付バイクを買ってくれると言う。



当時主流だったスクーターのJOG(ジョグ)かDJ1(ディージェーワン)にしようかとカタログを眺めていたけど。



オヤジと買いに行った地元のモータースの軒先に、ホンダの空冷4サイクルギヤ付きオフロードバイクXL50Sの中古が並んでいた。



自分にははっきりと聞こえた。ガソリン臭い夜のそこに存在して居たXLが「乗れるもんなら乗ってみろ」と言っていた。



オヤジが「何が欲しい」と言うので、すかさずそのギヤ付きバイクを指さして「これが欲しい」と言った。



オヤジが「こんなのが欲しいのか?」と驚いた。



赤いホンダカラーのオフロードバイクだ、産まれて初めて乗るバイクは、中古のマニュアルミッションバイクになった。



納車の日、モータースのおっさんに徒歩で並走して走ってもらいながら乗り方を教わった。



「はいそこでクラッチ切ってギヤを入れるだ」



すぐに乗り方を覚えた。



買ってから毎日が楽しくて仕方がなかった、毎日浜松市内をXL50で走り回った、昼でも夜でも。



まだ時代は昭和61年で俺は18歳だった。



毎日病院へ就労訓練に通うためにバイクに乗った、夏になると病院の紹介してくれた木工所へアルバイトに行くようになる。



家から60キロ全開で30分かかった。



真面目に通った。好きな看護婦さんとデートをしてほしくて。



60キロ全開で右コーナーで7回くらい派手にコケた、吹っ飛んだ。擦り傷と打撲で済んだ。



昔のバイクは鉄で出来てて頑丈だからフロントフェンダーとウィンカーレンズとミラー両方くらいしか壊れなかった。



XLがポンコツだからスズキRGガンマ4型(水冷2サイクル)の新車白色を買ってもらい毎日走った。



XLは買取に出さなかった。思い入れがあるから。ガンマではコケないようにコーナーでゆっくり走った。



リミッターカットしても80キロしか出なかった。



ガンマは腕が邪魔してミラーが後ろ見えないからパトカーに30キロオーバーで捕まって一発免停を喰らってから。



普通車免許を取らずに中型二輪免許を取り126ccの単車を買ってもらう。



今は125ccバイクは大人気だけれど、昔は不人気排気量だった。



125だと言ってよく他人にバカにされた。



ホンダCBX125F2型赤白色、空冷4サイクルの高回転型単気筒。全開で120キロ出た。



バイクの基本を学んだ、無茶な走りしたけど一度もコケなかった。



400くらい乗りたかったけど、維持費が高いから250ccまでしか乗れなかった。



全部で乗ったバイクは、ヤマハRZ250R4型白色、スズキGSX-R250初期型黒色、スズキSX200白色、ホンダCBR250黒色。



全部中古。全部自分で買ったから中古しか買えなかった。



28歳でバイク乗るの止めてから今までずっとマニュアルミッションの車を25年乗り続けた。



昭和60年に原付免許取ってから毎日公道走ってるけど、スクーターもオートマミッションの車も買ったことない。



普通車の免許教習で仲良くなった教官に「なんでマニュアルミッションがいいのか?」と聴かれて。



「ギヤをさばける楽しみがあるじゃないですか」



でも最近、ほかの車が殆どオートマミッションだし、「クラッチを踏むのがめんどくさいなあ」「オートマの車もいいなあ」と考えています。



普通車のコンパクトーカーとか軽とかの安い車のマニュアルですが。全部5足ミッションでした。



もう根性の性分ですね、マニュアルにこだわるのは。



13439016_1833420570219347_4980279533699546612_n.jpg
13568951_1833429913551746_97785269996628495_o縮小版
                         
                                  
        

自分を誉めるとか自分にご褒美とか

category - コラム+ エッセイ
2018/ 07/ 03
                 
自分を誉めるとか自分にご褒美とか。



ぜんぜんしてこなかった。



自分を責めて生きてきた、弱い自分が許せなかった、何もできない自分が。



子供の頃に寂しい思いしてきたからかな。



自分をひとりの人間として認めてもらうためには、とか真剣に考えていた。



素直じゃない、素直だったら学校を辞めた時点で働きに行ってる。



怖がりなんだろう、人よりも。



誰にも助けを求めずに、自分一人で解決しようとする。



自分は自分のこと好きなんだろうかと思っちゃう。



でも自分はこの産まれてきた世界が好きだし、そりゃあ嫌いなこともあるけど。



この世界が自分を受け入れてくれているから、自分は存在して居られるんだし。



ささやかで質素な暮らしだけど、衣食住は心配ないし。



障害者で無職だから不自由な人生だけど。



今父親が生きているから車にも乗れるんだし。



自分にご褒美は、何か好きな食べ物とか贅沢して食べればいいんだし。



自分を誉めるは、自分の積んできた徳分を誉めてあげればいいかな。



一歩さがって誰かに譲ってきた生き方だけど、それで誰かが助かったのなら嬉しいと思って生きてきた。



利他主義の信念だった。



でもそろそろ自分の幸せを優先してもいいんですよと占い師が皆言う。



そりゃあ自分だって幸福になりたいさ。



叶わなかった人並みの幸せでいい、遅くなんかないから。



人もうらやむような勝利者なんて自分の性分に合わないから。



幸福は祈り、人の世に生きて、捨て去ってゆくもの。



負け続けた人生は、自分に多くのものを教えた。



かけがえのないものを知る、土に帰る日のために。



釣りエサ屋のクロネコ