2018/03/27

未来からの記憶

        

無駄な努力だろうか

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2018/ 06/ 23
                 
傷口をかばう癖、こころは見えないから。



人の思いやりの中で、過去の経験(トラウマ)を癒してゆく。



優しい人と優しくない人、あなたならどっちがいい。



誰だって産まれてきて、大人たちから愛情をもらう。



愛を素直にもらえなかった子供は、偏屈に育ってしまう。



教育課程を経ても、社会生活を得ても、ひとりの人間として社会に溶け込めるだけの道徳がある。



目立ちたがり屋が世間を騙している、足跡も残らないように。



人の世は地獄だ、生きてゆくには優しさが邪魔になる。



それでも人類が宇宙へ行く頃、生存か絶滅かを選ぶ日が来る。



罪汚れを背負って生きるには、過酷すぎる世界で。



何度産まれてきても、この世界は生命であふれている。



億万の孤独を味わう人たちの群れの中。



人は何のために産まれてくるんだろうか、どこかへ帰りたいんだろうか。



海の記憶が教える、過去と未来からの現在への応援。



ひとり夜の砂浜に立つと、遠くから聴こえる呼び声。



毎日の糧に追われる暮らしなら、思い悩むこともないのに。

                         
                                  
        

死刑制度は人間のカン違い

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2018/ 06/ 15
                 
   【死ぬ事は責任を取っていません】


はじめに結論を言いますが。

地球人の人間の文明は全て間違っています。
まともに育たなかった大人が、欲望の為に創った文明です。
物質の世界に産まれたからと、心を無視した結果です。
今も心がないがしろにされています。

気がつきませんか?
常識人ぶって知識人ぶってる大人が、心を知りません。


今でも日本に定められる 【死刑制度】

これはまちがいです、カン違いからくる誤った判断。
死刑は、大昔から日本の侍が主権だった頃の名残。
ガキ大将の侍は、そのカン違いの「義」によって、
自ら自殺することで義務を果たすケジメだと錯覚。
死が奇跡を起こすと信じる妄想は現代日本人にもある。
いい例が【カミカゼ特別攻撃隊】今も勘違いする大人が大勢居る。
日本人が死を美化したがる理由はサムライ職の血。
大政奉還後の明治文明開化の時、武士の職業は失業で灰業。
(プライドが高いので転職に苦労したそうです)
サムライ職種は絶滅しました。
当たり前です、文明活動をしない職業ですからね。
人殺しは文明を否定する行為です。
日本人は農耕民族。
縄文時代から弥生時代へ進化した血です。
基本として自殺した魂は成仏できません。
あの世からのお迎えも来ませんから。


死とは、生存から死亡した現実の事実だけが変化します。
あの世へ逝くと罪のある魂は、地獄の刑務所で服役する。
この世の贖罪の方があの世よりも遥かに楽で短時間です。
日本サスペンスドラマでは最後に真犯人が自殺を望みますが。
現実からの逃避ですから、あの世で刑期が膨れ上がります。

ですから、
人を2・3人殺めた犯人を死刑にしてあの世へ送るのは、
犯人の為には成りません。
あの世・地獄刑務所での厳しすぎる刑期が待っているから。
この世の刑務所で服役させたほうが為になります。
拘置所で監禁では、楽をさせるだけ。
日本の裁きは重罪は死刑か無期懲役。どちらもヌルい。
無期懲役刑は模範的な囚人なら二十数年で出所させます。
ここで普通は無期懲役を望みますよね。

本当は終身刑や懲役千年とかのほうが正しい。
つまり死ぬまで太陽から隠されてしまう。
これが死ぬまで生きて責任を取る本当の理由。
ですから、罪を償ったと自分が思っていても。
あの世で罪を問われる事態が発生するケースも有る。



以下まだ続くから刮目して待て、です。



今の人類以前の失われた大陸。

アトランティスやムー大陸の文明も、やはり滅びました。
海の底にあるとは限りませんが。飲み込んでくれますからね。
欲に目が眩んで心を忘れるから滅びます。
創造主に失格と判定される原因。

地震は物理的には、動いていないと感じるマントル対流により、
大陸プレートが重なり合わさり発生しますが。
この蓄積される物理エネルギーだけが原因でもありません。
物質があれば非物質の原因もある。
眼には見えない精神の世界のほうが現実にフィードバックされています。
地震の発生は生物から出ている波動の純度が関係します。
これが欲望が滅びへと導く理由。
負のエネルギーは地場に蓄積され続けます。
現実主義、精神主義。両方を信じなければなりません。
存在するものを、認める義務があります。

現代科学、現代医学しか信じないと言い切る人も。
自分のご先祖供養をしますし、他人のご焼香もします。
社会義務だからという理由だけは無いですよね。
迷信を信じている自分に気が付きません。
信じる信じないは自分が決めています。
仏さんの世界は科学では解明されていません。


今の地球文明も簡単に証拠物件を消してくれますから。
安心して海の底に沈没することが出来ます。
大気と気象調節。
コアからマントルへ伝達、地殻変動、溶岩マグマ火山灰蓄積。
何万年もかけて何億年もかけて地球惑星は自然治癒します。
地球生命体を舐めないほうが良い。

フロンガス規制が間に合わず出来てしまった、
南極上空のオゾン層の穴も、人間が犯人なのに。
地球さんは何万年もかけて治癒します。
                         
                                  
        

戒める自分

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2018/ 05/ 18
                 
自分は自分に厳しすぎる。



自分を律する人生に疲れる。



誰かに負けてもいい、逃げてもいい。



弱い自分が許せない。



自分の正義に反する自分が許せない。



思いやりを人徳として生きてきたけれど、目に見える世界では何も持たない無職のおやじだ。



精神世界の素晴らしさを体感してきた、でもそれをうまく伝えられない。



いまだ才能は開花せず。



浮世に染まって常識に縛られる人を変えたいと思った。



人を変えたいと思うのは欺瞞かな?



そんな無駄な努力をするよりも自分を変えろと言う。



自分が変われば周りの人も変わる。鏡のように。



自分改造をする。何かから変えてゆくんだ、ひげを剃る順番だとか。



向精神薬を服用するようになって、感情の高揚がなくなった。



いつも穏やかな気持ちで過ぎ去る景色を見つめてしまう。



若い頃と比べて、ひどく刹那を感じるようになった。



毎日繰り返すだけの日常の中で、確実に死へ近づいている。



だからすべてが切なくて悲しく感じるのだろうね。



どんなに物を買っても、自分のものにはならない。



死ぬときは魂一つだから。



人前では、明るく笑い飛ばす自分がいる。



昨日の涙を忘れたいかのように。

                         
                                  
        

魂は旅をする

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2018/ 04/ 27
                 
神様はなぜこの宇宙世界を創ったんだろうなあ。



魂に輪廻の旅をさせて、何度も新しい経験をさせる。



それはデジャヴュ、潜在意識に刷り込まれた情報。



生きるって不思議だ。



何年生きても飽きるって事が無い。



このアナログの世界は、ステキなものであふれている。



心は見えないものだから、カタチあるものを欲しがる。



いくら物を手に入れても、心が満足しないのは。



きっとこの世が借り物の世界だからでしょう。



魂の旅でまたあなたに逢いたい。



ひと時の安らぎが終わったら、また出かけよう。



                         
                                  
        

切ない胸は何度も張り裂ける

category - 自分の内心_内宇宙
2018/ 04/ 24
                 
胸が切なくてたまらない、ときめきに殺されてしまう。



甘酸っぱいこの想いは、波動になって天を駆け抜けている。



天龍に喜んでもらえるように、怒りを鎮めるように。



自分の得になる事、利益ばかり考えて人の不幸をあざ笑う。



新しい言葉が巷を襲い、信じられない言動をする人たち。



日本を愛しすぎる人や武装せよと主張する人。



この国はもはや病んでいるのか、人の心の温かさはどこへ行った。



反戦を言いずらくなった現在では、愛を唱えるのにも勇気が要る。



闇が人の心を支配するなら、光を指し示す人になりたい。



青臭いと散々バカにされた若者。



でもそんな思想に、憧れる人は多い。



今は21世紀初頭、もう誰も世紀末だなんて騒がない。



世界の終末を信じなくなった人は、新しい未来を信じているわけでもない。



終わりなど来るはずもないと浮かれる人たち。



夢を見た。



この世界を滅亡から守りたいと願った。



人が利己主義から利他主義へ、思想を昇華できると。



「みんな好き勝手に生きてるんだからほっとけ」



「余計なお世話だ」



好き勝手に歴史を作って勝手に終わってゆく世界を。



黙って観ているなんて出来ないよ。



自分が産まれた世界だから、末永く幸せであって欲しい。



何度も滅びを迎えた人類であっても。
                         
                                  
        

刹那

category - 自分の内心_内宇宙
2018/ 04/ 05
                 
刹那の風に吹かれて、歩いてゆく。



頬を吹き抜ける風、お前は何者だ。



私は私だ、何も持っていない。失うものも守るものも無い。



何も持たずに産まれてきて、何も持たずに死んで往く。



わずかな一生の間で、どれだけの事が出来るだろう。



働くだけの人生に憧れた。社会の歯車になる事を夢見た。



遠い昔、まだ希望に満ち溢れる若者だった頃。



どんな夢でも望めば叶うと本気で信じていた。



疑うことを知らない瞳は、心無い人に汚される。



それでも人を信じたいと泣いた夜、慰めは自分の心だった。



ときめきに胸は張り裂ける。



刹那の世界で生きるには、こんなにも感じる事が多いのは。



年を取ると些細な事で涙が流れてしまう。



明けない夜は無いと言う。



でも今は暗黒の夜の時代。



時代の夜は明けた事が無い。



永遠の待ちぼうけでもいい、夜が明ける朝を夢見てる。



今日も笑って扉を開ける。



困難が降りかかっても、諦めないのは心だ。



人前では思わず笑顔になってしまう。



ひとりきりでは寂しすぎるから。
                         
                                  
        

言の葉に乗せる

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2018/ 04/ 01
                 
美しい心を見ると、なぜ涙が流れるのだろう。

汚れてゆく世界で、洗われてゆく魂。

疑いを覚えた瞳は何を見るの。

許せない過去が鎖となって身体を縛りつける。

何度だって生きる意味を見いだそう。

今を生きるのは今この瞬間。

明日になれば今日はもう昨日になる。

今日という寂しさなんて笑い飛ばしてしまえ。

駆け抜けるしかないだろう。

二度と来ない季節を生きているから。

この世の愛はスリルとロマンに満ち溢れる。

産まれる前に夢見た世界。

人と人が出会い、寄りそって生きる。

生きてみなきゃ分からないこの体験。

要らない人間なんて居ない。

この世界で生きているのはあなただから。

ハートの真ん中を撃ち抜いて欲しい。

愛というまごころで。
                         
                                  
        

心の栄養足りてる?

category - 自分の内心_内宇宙
2018/ 03/ 27
                 
いえ~い(=゚ω゚)ノ



心に元気を注入して、今日もハッスルハッスル♪



あなたのハートは今どんな状態かな?



落ち込んでないかな、息苦しくないかな?



楽しかったら思いっきり笑いなよ、誰にも遠慮すんな。



泣きたかったら思い切り泣け、誰にも気を使うな。



肉体と呼ぶ器の中に入る魂だけど。



心と身体のバランスは、毎日の生活リズムで調子は変わってゆきます。



頑張るステキなあなたは、日々の暮らしで何を信じているのかな。



精神は物質の世界で置き去りにされがちです。



平和な国に産まれて来た私たちは、思いやりを美徳とします。



愛に恋い焦がれて、愛にフラれて。それでも愛を追いかけるイキモノ。



今日一日を精いっぱい生きたご褒美に、とびっきり綺麗な夕日を誰にでも見せてくれる。



また明日会う約束とともに。



おいしい空気を思いっきり吸い込んで、この空の下で生き抜こう。



隣にいるあなたの笑顔が見たいから。



A子ちゃんの行進の赤い靴
                         
                                  
        

少年の心

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2018/ 03/ 08
                 
男なら誰だって少年の青春時代がある。

女だって乙女の青春時代がある。

自分は男だから、かつて昔は少年だった。

昔お世話になった病院では十代の頃は少年と呼ばれていた。

自分はそれが嬉しかったし、可愛がってもらった。

原付免許を取得して50ccのギヤ付きバイクを父に買ってもらい。

毎日公道を走った。まだ昭和の時代。80年代。

何も良い事は無かったけど、毎日が楽しくてワクワクしていた。

こんなに幸せでバチが当たらないかとも思った。

自分も年を取るにつれて、社会の荒波や人生の浮き沈みに遭う。

それでもひねくれずに前向きに考えられるように生きて来た。

今感じる事は、青春が今も続いていて。

この幸せを誰かに伝えたい。

その方法は芸術だったり、ブログ記事だったり。

年を取ると考えが保守的になったり打算的になる人が居る。

少年のきらめきとときめきと気高さが、今もこの胸にある。

いつまでも青臭い心のままで死んで逝くのは、とっても楽しい。

差別も偏見も無い社会に生きたい、道徳や慈悲の心を発揮する社会に。

誰もが笑顔で明るく仲良く暮らせる世界。

人が争うなんて旧時代。

愛の時代が訪れる日を夢見て。
                         
                                  
        

復讐と呼ぶ感情論

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2018/ 03/ 05
                 
   復讐という感情論は正しいのだろうか。

江戸時f代では、仇討ち(あだうち)は江戸幕府が公式に認めていました。
個人的な決着に任せていたため、返り討ちにあって殺されても幕府は目を伏せていたそうです。

現代のワールドワイドでは、ニューヨークの貿易センタービルが同時多発テロにあい、歴史上初めてアメリカ本土を攻撃されたとテレビでは観ましたが。
本当は太平洋戦争の末期、日本軍が風船爆弾を製造。貿易風だったかジェット気流に風船を乗せて爆弾を運び、運頼みにかけて米本土攻撃をしたそうです。そのほとんどはアメリカ軍の戦闘機などにより撃墜されたそうですが。当時の米国の新聞に、アメリカ本土西海岸で謎の住宅火災や山火事が発生したと載っていたそうです。
この風船爆弾の技術は当時画期的だったそうです。
高度差によってバラストを自動で捨てる機能。気圧や高度計、温度差の温度計。
開発した日本人技術者は優秀だったと記録されています。
製造したのは生き残っていた婦人や子供の国民でした。

脱線しました。その同時多発テロの復讐に憎しみを正当化させてテロリストたちを殺し続けています。大義名分があれば責められはしないと踏むのでしょう。テロリストは全員殺すと言っていましたブッシュ前大統領は。
世界を目撃者にしてアメリカの正義を勝ち取る。米空軍は仕事をしないで西マスメディアのカメラがスタンバイしていた。
自国民の命をショーに使う、まるでハリウッド映画の世界。
ペンタゴン・アメリカ国防省はベトナムの敗戦から学んだのです。
「大義のない戦争は必ず負ける」

この世界は、国が公式に殺人をする世界です。
国という部落間対立がなくなれば良いのですよ。
世界の国々と言う価値観を脱ぎ捨てて、一つの地球国家を創れば良いのです。人種の違いを乗り越える事が出来るのですから。
飢餓貧困(きがひんこん)や差別だって無くなります。
国境なんて言葉が無くなれば良いのです。
大切なキーワードは、手を取り合って助け合って生きてゆく。
どんな人とも仲良くなれる。友愛や博愛主義です。
自分だけの利益を優先しない、それは超民主主義(利他主義)です。
多数決で物事を決めるのが民主主義ですが。それでは少数派はいつも泣きを見ます。全員が納得できるまで、分けあって譲り合って考えてゆく価値観です。
これはキレイ事でしょうか。十分実現可能な話です。
不可能と思えることでも人間はチャレンジをします。最初からバカバカしい無理だとあきらめていれば、何も起こりません。
自分たちで奇跡を創れば良いのですよ。
人間は誰だってフィールドに立つプレイヤーなのですから。
利害関係でしか物事を測れない頭脳では、到底たどり着けない理想です。

前にテレビで観た話ですが。現代のアメリカは大昔のローマ帝国と同じだと語っていました。
正義を語り正当化させ、他国に武力を持って侵攻。聞き分けの悪いガキンチョみたいです。

「一番喜んでいるのは全米ライフル協会」
アメリカ本土が銃規制できない原因がこの協会。
ホワイトハウスよりも権力が上。圧倒的なカネと権力。


関係ない話ですが。凶悪犯罪などにより殺人事件が発生して。
その遺族が「あいつ(容疑者)を死刑にして下さい」と言うのは。
憎しみの業火に焼かれているからだと思いますが。
果たしてそれでいいのでしょうか。恨みが晴らす事が出来ればそれで良いのでしょうか。自分は不自然さが残ると感じています。
もしも被害者の故人が天国に居るのなら、喜んではくれないと思います。

本来ならば、怒りや憎しみもまた、乗り越えなければならない試練です。ヤられたらヤり返すと言う価値観が、皆を不幸にしている原因ならば。乗り越えるべきハードルが憎しみの感情なのだと思います。お釈迦様が語っておられた事だと思いますが。人間には、許すという高難易度な感情があります。
慈悲(じひ)の心ですよ。許す価値観は社会道徳の成功例です。

私は最近まで知らなかったのですが。他人にねたまれたり嫉妬をされて、いくつも妨害されてきたそうです。でも復讐なんてしてませんよ私は。