2018/07/12
2018/07/11
2018/07/05
2018/07/03
2018/04/03

コラム+ エッセイ

        

日本は永久に敗戦国でいい

category - コラム+ エッセイ
2018/ 07/ 12
                 
今年も8月15日が来る。



お盆には多くの仏様が天界から地上へ降りてくる。



あの戦争で多くの日本人が命を落とした。



私たちのご先祖様が命を犠牲にして平和の尊さ、命の大切さを教えてくれたのに。



靖国神社へ参拝に行き、国の為に戦ってくださった英雄とあがめて。



いつまでもこの日本が敗戦国でいいのかと問う若者。



敗戦の傷は今でも癒えてはいないのに・・・



歴史は繰り返すのだろうか。



戦後GHQが仕組んだ平和憲法が巨悪だという根拠は何だ。



例え強国アメリカの言いなりにさせられても、争いのない国がいい。



右翼が言う、平和憲法のおかげで中国ソ連に責められなかった幻想は。



日本平和憲法が戦争抑止力になった証じゃないか。



戦争をする国でも、軍事紛争は世界からパッシングを受けることをよく知っている。



順番が逆だから右翼の思い通りに事が進んでいる。



憲法を改正して自衛隊を戦闘行為が出来るようにさせるのは、中国の思惑通りになることを安部は知らない。



中国軍と対等にやりあえるくらい、自衛隊を軍拡させたら、日本は軍事大国になる。



平和ボケで何が悪い、戦争を肯定する日本人のほうが異常だ。



自衛せねば奪われるって、いつから日本人は軍隊を認めるようになった。



戦争は悪、はっきりと解っている事実なのに・・・



強い日本を取り戻してはならない。



日本は再び悲劇を味わう国となる、日本はそういう国だ。



日本は永久に痛みを知っている敗戦国のままでいいい。



ダイコンと平和
                         
                                  
        

しあわせって何だろう。

category - コラム+ エッセイ
2018/ 07/ 11
                 
昨日は家の近くの就労支援の作業所へ見学へ行ってきました。



町工場みたいで、自分に鞭を振るうには都合がいいかなと感じました。



今の自分は現状に甘えているんだと思います。



厚生年金は貰えないんだから、くたばるまで働くとしても。



今日は通院している内科へ受診して、採血しました。



帰りに近くのスーパーでおろしとんかつ弁当を買って、車の中で食べました。おいしかった。



家に帰ってきて、エアコンと扇風機をかけながら昼寝していました。きもちいい。



夕方になって焼酎ハイボール飲みながら晩ご飯食べて、黄昏ています。



それにしても、この甘酸っぱい切ないやるせないときめきは何だろう?



他の人は何も感じないのだろうか?



こころが踊ってときめいて、ただ呼吸をしているだけでうれしくてたまらなくなる。



毎日毎日繰り返すだけの日常の中で、こんなにこころがはじけるのは不思議でしょうがない。



それって毎日が新鮮な気持ちで生きていられるってことだから。



酒やめらんないの1スタジオクリップで色付け縮小版
                         
                                  
        

マニュアルミッションが好きなんや

category - コラム+ エッセイ
2018/ 07/ 05
                 
学校を中退してすぐに精神病を発病して、病院へ通うのに原付免許を取れと言われて。



原付免許を取った。



試験場で午前中に筆記試験を受けて、受かったら午後から試験場の近くで実技講習を受ける。



教習バイクは全部おばさんが乗るようなスクーターだった。



教官の一人が倉庫からヤマハのギヤ付きバイク「RD50」(空冷ツーストロークのギヤ付きスポーツバイク、スピードが出る)を持ち出してきて。



それに乗りながら「これに乗ってみろ」と言った。



その場にいた自分と同い年くらいの少年数名は、誰も乗らなかった(自分も含めて)



その時に乗りたかった、乗りますと言えない勇気のない自分が情けなかった悔しかった。



免許証をもらって1週間したら、オヤジが原付バイクを買ってくれると言う。



当時主流だったスクーターのJOG(ジョグ)かDJ1(ディージェーワン)にしようかとカタログを眺めていたけど。



オヤジと買いに行った地元のモータースの軒先に、ホンダの空冷4サイクルギヤ付きオフロードバイクXL50Sの中古が並んでいた。



自分にははっきりと聞こえた。ガソリン臭い夜のそこに存在して居たXLが「乗れるもんなら乗ってみろ」と言っていた。



オヤジが「何が欲しい」と言うので、すかさずそのギヤ付きバイクを指さして「これが欲しい」と言った。



オヤジが「こんなのが欲しいのか?」と驚いた。



赤いホンダカラーのオフロードバイクだ、産まれて初めて乗るバイクは、中古のマニュアルミッションバイクになった。



納車の日、モータースのおっさんに徒歩で並走して走ってもらいながら乗り方を教わった。



「はいそこでクラッチ切ってギヤを入れるだ」



すぐに乗り方を覚えた。



買ってから毎日が楽しくて仕方がなかった、毎日浜松市内をXL50で走り回った、昼でも夜でも。



まだ時代は昭和61年で俺は18歳だった。



毎日病院へ就労訓練に通うためにバイクに乗った、夏になると病院の紹介してくれた木工所へアルバイトに行くようになる。



家から60キロ全開で30分かかった。



真面目に通った。好きな看護婦さんとデートをしてほしくて。



60キロ全開で右コーナーで7回くらい派手にコケた、吹っ飛んだ。擦り傷と打撲で済んだ。



昔のバイクは鉄で出来てて頑丈だからフロントフェンダーとウィンカーレンズとミラー両方くらいしか壊れなかった。



XLがポンコツだからスズキRGガンマ4型(水冷2サイクル)の新車白色を買ってもらい毎日走った。



XLは買取に出さなかった。思い入れがあるから。ガンマではコケないようにコーナーでゆっくり走った。



リミッターカットしても80キロしか出なかった。



ガンマは腕が邪魔してミラーが後ろ見えないからパトカーに30キロオーバーで捕まって一発免停を喰らってから。



普通車免許を取らずに中型二輪免許を取り126ccの単車を買ってもらう。



今は125ccバイクは大人気だけれど、昔は不人気排気量だった。



125だと言ってよく他人にバカにされた。



ホンダCBX125F2型赤白色、空冷4サイクルの高回転型単気筒。全開で120キロ出た。



バイクの基本を学んだ、無茶な走りしたけど一度もコケなかった。



400くらい乗りたかったけど、維持費が高いから250ccまでしか乗れなかった。



全部で乗ったバイクは、ヤマハRZ250R4型白色、スズキGSX-R250初期型黒色、スズキSX200白色、ホンダCBR250黒色。



全部中古。全部自分で買ったから中古しか買えなかった。



28歳でバイク乗るの止めてから今までずっとマニュアルミッションの車を25年乗り続けた。



昭和60年に原付免許取ってから毎日公道走ってるけど、スクーターもオートマミッションの車も買ったことない。



普通車の免許教習で仲良くなった教官に「なんでマニュアルミッションがいいのか?」と聴かれて。



「ギヤをさばける楽しみがあるじゃないですか」



でも最近、ほかの車が殆どオートマミッションだし、「クラッチを踏むのがめんどくさいなあ」「オートマの車もいいなあ」と考えています。



普通車のコンパクトーカーとか軽とかの安い車のマニュアルですが。全部5足ミッションでした。



もう根性の性分ですね、マニュアルにこだわるのは。



13439016_1833420570219347_4980279533699546612_n.jpg
13568951_1833429913551746_97785269996628495_o縮小版
                         
                                  
        

自分を誉めるとか自分にご褒美とか

category - コラム+ エッセイ
2018/ 07/ 03
                 
自分を誉めるとか自分にご褒美とか。



ぜんぜんしてこなかった。



自分を責めて生きてきた、弱い自分が許せなかった、何もできない自分が。



子供の頃に寂しい思いしてきたからかな。



自分をひとりの人間として認めてもらうためには、とか真剣に考えていた。



素直じゃない、素直だったら学校を辞めた時点で働きに行ってる。



怖がりなんだろう、人よりも。



誰にも助けを求めずに、自分一人で解決しようとする。



自分は自分のこと好きなんだろうかと思っちゃう。



でも自分はこの産まれてきた世界が好きだし、そりゃあ嫌いなこともあるけど。



この世界が自分を受け入れてくれているから、自分は存在して居られるんだし。



ささやかで質素な暮らしだけど、衣食住は心配ないし。



障害者で無職だから不自由な人生だけど。



今父親が生きているから車にも乗れるんだし。



自分にご褒美は、何か好きな食べ物とか贅沢して食べればいいんだし。



自分を誉めるは、自分の積んできた徳分を誉めてあげればいいかな。



一歩さがって誰かに譲ってきた生き方だけど、それで誰かが助かったのなら嬉しいと思って生きてきた。



利他主義の信念だった。



でもそろそろ自分の幸せを優先してもいいんですよと占い師が皆言う。



そりゃあ自分だって幸福になりたいさ。



叶わなかった人並みの幸せでいい、遅くなんかないから。



人もうらやむような勝利者なんて自分の性分に合わないから。



幸福は祈り、人の世に生きて、捨て去ってゆくもの。



負け続けた人生は、自分に多くのものを教えた。



かけがえのないものを知る、土に帰る日のために。



釣りエサ屋のクロネコ
                         
                                  
        

麗しの80’s(エイティズ)

category - コラム+ エッセイ
2018/ 07/ 01
                 
ああ、ぼくの青春が詰まっている80年代、昭和。



帰れるもんなら帰りたい(汗)まだ若かった季節に。



時代は世界が冷戦の真っ最中で、世紀末が近い、核戦争が起こるぞと言われていた。



ワルシャワ条約機構とナトー北大西洋条約機構が一食触発のにらみ合い、東西に壁は隔たれていた。



それでも生きるにはエネルギーが要るから、大人たちの都合なんてどーでもいい事だった。



可愛い女子とおしゃべりして、デートしてお茶飲んで映画観てバイバイ。



尾崎豊や佐野元春や浜田省吾にときめいて、クソ重いシングルカセットラジオ(10万円)を親に買ってもらい。



カセットテープが擦り切れるまで聴いたブルーススプリングスティーンのBORN IN THE U・S・A。



十代はかけがえのない季節、ぼくも大人になるための階段を登った。



あの頃のいまと違うところは、大人たちが寛大(おおらか)だった。



些細なことで目くじらを立てて怒ったりしなかった、間違いを笑って許してくれた。



子供はいつの時代も変わらない、変わったとすれば、周りの大人たちが変わったんだ。



子供を過保護に育て(少子化のあおり)、狭い心の大人を増産する時代。



寒い世界だ。氷の世界。



井上陽水が聴きたい。

                         
                                  
        

こころの目で見抜いてよ

category - コラム+ エッセイ
2018/ 06/ 15
                 
見たものだけがすべてじゃないだろう、心の目でしか見えない真実さえも誰もが欲しがる。



昨日デイケアで、面白い話題があった。



綺麗な女性芸能人を口説くにはどうすればよいか?



時代遅れの俺からすれば、知らない芸能人の名前ばかり飛び交って。



「誰それ?」てな感じ。地上波のテレビ観ないから、今テレビを賑わしている新手の俳優とか芸人の名前を知らない。



平和だな、男と女の恋物語に花を咲かせる談義は。



「時代に喰らいついてるねえ」



男性陣は、見た目に囚われて、その奥底に潜んでいる心理を見ようとしない。



女は見た目がすべてみたいに言う割には、器量を気にする。



肉眼に囚われているのはなぜだろう?



綺麗な女性が好きと感じているのは心だ。男の外見じゃない。



内面を磨く努力をしなさい、外見に囚われずに。



人間は魂の生き物、最近のメディアの圧倒的映像インパクトに騙されてはいけない。



カタチあるものはやがて失われてしまう。



人は魂の旅の中で、何を見つけるだろう。



かけがえのないもの、大切なものに涙を流したあの日を忘れたくないなら。



毎日を負けないで生きているあなたを支えているもの。



それは姿なきものだろう。



誠実さも軽薄さも、心だ。

                         
                                  
        

事故

category - コラム+ エッセイ
2018/ 06/ 12
                 
今朝、就労支援継続B型へ車で通う途中、作業所の手前の田園地帯の道路で事故を目撃してしまいました。



目の前の見通しの良い交差点で、軽のワンボックスとリッターカーくらいの小さな車が衝突して。



二台とも空中を派手に飛んで田んぼへ落ちていきました。



俺はびっくりして車を停めて降りて見に行くと。



二台とも横向きに田んぼに落ちていてタイヤが空転しています、軽のワンボックスから人が出てきます。



空を向いた運転席のドアを思いきり開けてぴょんと立ち上がったのは、見慣れた人でした。



なんと自分の継続B型の作業所の担当者の女性でした。朝の送迎の最中みたいです。



担当者のNさんは怪我がないみたいで、すぐに泥まみれになって相手の車の搭乗者を救助に向かいます。



相手は怪我しているみたいで車の中に閉じ込められています。後ろのハッチバックを開けて引きずり出しています。



俺のほかに道路で見ていたほかの女性に救急車を呼んでもらって、ただ見ているだけしかできませんでした。



自分も泥まみれになるのを覚悟して、田んぼへ降りて行こうかと思いましたが出来ませんでした。



自分に出来る事はないかを瞬算して、作業所へ電話して職員に走って来てもらいました。



すぐに駆け付けた作業所の職員の男性に、もう作業所へ行きなさいと言われたのでその場を後にしました。



遠くから救急車のサイレンが聴こえてきます。



作業所へ着いたらゴタゴタしてました、最初はほかのメンバーにNさんが事故したことを伝えたけれど。



後になって来た人には黙っていることにしました。



無駄に噂を広げてもいけないと思い。



それにしても事故の瞬間は衝撃的だった、目に焼き付いちゃったよ。



担当のNさんは怪我がないみたいで運がいいと思いました、ああ、守られている人なんだな、と。

                         
                                  
        

店員にあだ名を言われる。

category - コラム+ エッセイ
2018/ 05/ 30
                 
午前中、内科へ受診した後に、ハード○フへ寄ってSEKAI NO OWARIの中古DVDを買い。
サー○ルKへ腹ごしらえに入る。
おにぎりコーナーの前に立っていると、真横のレジにいる女性店員二名がこちらを見て。

「まーぼーだら?あはははは!」

と自分のあだ名を言い笑う。
若い女性でも俺みたいなおやじに興味があるのかなあ・・・
これは喜んでいいのか、悲しむべきなのか?
自分が有名人だというのなら人気者だと思えばいいのかもしれないし。
人権侵害されてプライバシーがさらされているのならピエロの笑いものだし。
その場で問いただしたかったがやめて、すぐにサー○ルKサン○ス相談センターへ電話し苦情を言った。
対応をした窓口の男性は「不思議なことですねえ」と言うが。
世の中はオモテとウラで出来ているから、自分はウラのタブー扱い。
オモテウラのない自分がウラ扱いされているのは悔しい。
誰にでも長所と短所がある。
問題は、それが世間の人間の興味本位に触れなければいじめられることはない。
きっと自分のことを知っている赤の他人も、細かいことなんてどうでもいいんだろうな。
                         
                                  
        

評論家は個人

category - コラム+ エッセイ
2018/ 04/ 07
                 
戦争映画のDVDを集めている。



第二次世界大戦から現代戦。



おもに資料的な意味合いで観ている。



反戦主義者だけれど、小説のネタ作りにならないかと思って。



戦争映画観れば観るほど戦争嫌いになる。



でもミリタリーマニアになってゆく矛盾がある。



今日もレンタル落ちの中古買ってきた。



「ハート・ロッカー」というイラク戦争の米軍の爆弾処理班の映画が良かった。



シリアスな戦場の映画はよく観るけれど、爆弾の恐怖が描かれている。



https://youtu.be/J22-8Bu4mHw



銃火器には詳しくなったけれど、剣と魔法の世界はさっぱり判らない。



ドラクエも一回もクリアしたとないし、ジョブとか全然わかんない。



RPGやるより自分の人生のほうがよっぽど面白いよ。



にしても、評論ていうのはあくまで個人、一人の人間の立場での評価でしかない。



評論家は神様でもないし、大勢の人の代弁者でもない。



評論家の生まれ育った環境や性格が反映されて評価を下す、それは神判定ではない。



ならばどんな人でも評論家と言える。



評論家と呼ばれる人が偉そうにごたくを並べるのはウンザリ。



評論家という商売は干あがってしかるべきだ。

                         
                                  
        

餃子売れなかった・・・

category - コラム+ エッセイ
2018/ 04/ 03
                 
今日は午前は就労継続B型へ行き、デイケアへ寄らずにお昼に帰りました。



就労で久しぶりにデイケア餃子販売に行ったのですが。



冷凍餃子からっきし売れなかった・・・



久しぶりだから緊張して「キムチ餃子いかがですかあ~」



と言わないといけないのに「トマト餃子いかがですかあ」



と言ってしまった。



にしても緊張したなあ、いつも来ているデイケアで販売だから平気なはずなのに。



緊張して体が震えてる自分が情けなかった、いい年してサービス業もできんのか。



もしかしたら俺の見た目がキモくて身体が大きくて怖いおっさんだから売れないのか?



デブで眼鏡でスポーツ刈りでジャージ来てるから見た目が良くないのでは?



とか自信を無くしちゃう・・・



でもその時にデイケアでは半分以上の人が高校野球甲子園のテレビ中継に夢中になっていて。



こちらに見向きもしない。



15分くらいのわずかな時間で、売り上げを求めるのも無理かもしれないが。



担当のスタッフの若い男性が言うには、



「前は5回くらい連続で売れた」



今回全く売れないのが信じられないみたいでした。



なんか気分を害しているように見えました。



「いやあんたそれはうぬぼれでしょう」と言いたかったが。



立場上自分の上司なので何も言えなかった。



こんな日もあるさ・・・めげずに行きましょう。


ハルカ・トマリギ・1クリップスタジオで色付け2