コラム+ エッセイ

        

当時の関係者が居ないので対応出来ません

category - コラム+ エッセイ
2016/ 04/ 12
                 
昭和63年の夏に聖隷三方原病院に入院していた。

精神科病棟で生活している自分の顔がテレビに映っていた。

その頃は関係ない赤の他人が自分の事で勘違いして騒いでいた。

今でもその病院に行くと、赤の他人にいじめられる。差別される。

「まーぼーだ」「しんちゃんだ」と必ず言われる。

だいたい笑いものにされる。

そのことを病院のケースワーカーに言うと。

「幻聴じゃないですか?」と言う始末。

昭和63年に病院が医療犯罪をした事実を、今のケースワーカーに訴えても。

「当時の関係者が今いないので対応できません」

今はあんたが対応しているじゃないか!

あんたが対応しろよ!

病院側が過去の事を知らないと言って責任逃れするのなら、自分も忘れてやる!

過去の事なんてきれいさっぱりとまではいかなくとも、忘れる努力をする。

                         
                                  
        

病気を患う事

category - コラム+ エッセイ
2016/ 04/ 06
                 
永い間、病気で居ると。

健康だった日々を懐かしく思う。

ただ幸せだったあの日々は、もう帰っては来ないかと絶望した。

人生は清くはかない、心が汚れてしまった人も居るけど。

生きる為に汚れてゆくのなら、誰にも責める権利はないと思う。

ひたすらに幸せを祈るのは、自分だけではなくて。

自分と関わってくれた人に、幸せに成って欲しいと願う。

病気が障害となり、働くことが困難になってしまう。

周りには精神障害が甘え病と勘違いする人も大勢居るが。

すべての病気で苦しんでいる人は、その困難と向き合う事を強いられる。

せっかく此の世に産まれて来たのに、病気の苦しみと闘う毎日は涙に明け暮れてしまう。

でも考えてみれば。

病気などの障害を患えば、多くを感じ取る事が出来る。

それが達観につながるのなら、人間としての深みも大きさも備える事が出来る。

望んで不幸に成る人は居ないけど、遠回りが一番の近道だと、いつか誰かが言ったから。

働くだけの人生がこの世のすべてではないから。

人よりも劣っているとか、遅れているとか、比べられるものでないから。

毎日の病気の苦しみに耐える中で、ただ生きているだけで幸せなのだと気づく。

何度も胸は張り裂けて、内に秘めた情熱にやけどする。

いくつに成っても熱い想いは色あせることはない。
                         
                                  
        

アイドリングストップ機能搭載車

category - コラム+ エッセイ
2016/ 03/ 12
                 
以前、台車でアイドリングストップ機能付きの車に数回乗ったのですが。

その際、異常を感じました。

乗った車はスズキのワゴンRですが。

信号が赤になるとエンジンがオートストップして。

信号が青になる頃には勝手にエンジンがスタートするのですが。

信号待ちの時、

クリープ現象がものすごく強烈で、ブレーキを踏んでいても車体がぐいぐい前に出ようとする。

おもいきりブレーキを踏んでいても、ほんの少し前に出てしまう時もある。

信号が全然変わらないのにエンジンがかかるときもある。

このストップアンドゴーのシステムは一体どうなっているんだ。

エンジンを頻繁にオンオフするために高価なバッテリーを搭載。

乗った感想としては、

「こんな危険な車を平気で市販する自動車メーカーはいかれちまったのか?」

「だいたい、オートマミッションが危険が機構なのをいまだに安全策を施さない地球人はうのみやさんか?」

アクセルとブレーキの踏み間違いでお店に突っ込む車が後を絶たないのに。

自動運転のシステムが開発されれば済む話なのだろうか。

確かにコンピュータはアクセルとブレーキを踏み間違えないものね。

自動運転システムはいずれは運転させてもらえなくなるはず。

事故ばかり起こす人間より、事故を起こさないコンピュータの方が信頼される。

                         
                                  
        

う~んと

category - コラム+ エッセイ
2016/ 02/ 20
                 
心には傷が沢山ついた。

トラウマも沢山ある。

子供を見ると怖いとか。昔、子供にさんざんいじめられた。

いつの時代も子供は産まれたばかりで昔の事を知らないから、繰り返して同じいじめをしてくる。

実際いまだに近所の子供の態度がおかしい、差別されているようだ。

子供は嫌いじゃなくて好きなんだけれど、子供のほうが警戒している。

車で家の近くへ帰ってくると、下校途中の子供が走り出したりする。

何か後ろめたい事でもあるのかなと疑ってしまう。

自分が警戒するから子供も警戒するのなら、いじめを忘れるしかない。

車を運転中に晴れていても雨が降り出したりする。

私を発見して後ろめたくなって雨を降らせる雨男雨女が居るのか。

十代の頃は疑う事を知らなかったが、随分と疑い深くなった。

それでも誰かを信じたいと願う。

優しさに包まれて眠りたい、ぬくもりだったり安心だったり。


関係ない話だけど。

警察は集団ストーカー被害者に対して態度が悪い。

横暴だしガラが悪い。

警察は正義の味方ではなくてただの組織に過ぎないらしい。

「君が見た目撃情報は何の証拠にもならんぞ!」

「物的証拠を全部自分で持って来い」

とはっきり警察官に言われた。
                         
                                  
        

電子の妖精

category - コラム+ エッセイ
2016/ 02/ 15
                 
SF作家神林長平氏のSF小説、戦闘妖精雪風の中で、

冒頭に、「妖精を見るには妖精の目が要る」とあります。

ああ、確かにそうだろうなと思いました。

いま、私たちが何気なく生きている日常の中で、その日常を垣間見るには日常の目が要るんだな。

心理眼だと思いますが。

ただやすやすと生きながらえるにはあまりに世界は無防備だけれど。

この世界も一過性のものならば、誰もが通り過ぎるものだから。

人類が犯してきた罪や過ちも、清算するべきものが死だろう。

産まれて来て好き勝手に生きて、死んで逝く。

人間の寿命はたかだか80年、そのわずかな間に何を学べるだろう。

電子の妖精。

夢や幻にうつつを抜かしているときでも、夢は確かにあるもの。

もう、くだらない記事でも投稿することにしました。

つまんねえ記事でも読んでくれる人も居るんだし。

数打ちゃあたるではないけれど、止めていれば流れてゆかないから。

回転させていつか大当たりを引き当てるつもりで!
                         
                                  
        

病気治療中

category - コラム+ エッセイ
2016/ 02/ 02
                 
ただいま病気治療中。

病んだ精神には不幸がつきもの、明るくて前向きでなければ。

十代の時に精神疾患を発症してから、病気と闘う人生ですが。

この病気と闘ってはいけない、薬を飲んで病気を予防する。

集団ストーカーにも狙われたけれど、病気にさせられないようにする。

体の栄養よりも心の栄養をしっかりと取る。

道に咲く花を見てほのかな気持ちになったり、よく晴れた空の下で酸素を思いきり吸い込む。

慰安の生活でも、人生をやり直すとは心を入れ替えてやり直すことだから。

トラウマを抱えた心の傷がなかなか癒せない。

独りきりの慰めの日々はいつか成功するのだろうか。
                         
                                  
        

夢も希望もないです

category - コラム+ エッセイ
2016/ 01/ 24
                 
泣き言ばかり言ってますが。

将来に夢も希望もないことは隠せません。

人生に悲観的にならなくてもそうなんだから仕方ない。

集団ストーカーテクノロジー犯罪に狙われているから(被害歴28年)生きていられるだけでも精いっぱい。

五体満足でなんで働かないのだと文句を言われる事もありますが。

慰安の生活は言葉では言い表せないほど悲しいです。

子供の頃に学校を中退してから落伍者の人生です。

警察に集団ストーカーの苦情を言っても精神病扱いされるだけで、何の進展もないし。

警官は「要件は何ですか!」と会話中に脅迫してくるし。

集ストテクノロジー犯罪に否定的な人のyoutubeを観たら気分が滅入ってきた。

他の人がうらやましいですが、顔には出さないし声にも出さない。

誰かがうらやましいのは無いものねだりだから。

父親の口癖で

「無職は犯罪予備軍だ」

「働かん奴は人間のクズだ」といつも言われます。

自分が悪い事をしているみたいに言われます。

障害者で働かないのはなまけ者だと思っているみたい。

本心では精神病を病気と認めていない人が結構居る。

少なくとも私の周りには大勢居る。


                         
                                  
        

愚痴を吐き出す場になってます。

category - コラム+ エッセイ
2016/ 01/ 23
                 
ブログで語ることは、もちろん面白い事を書きたいのですが、

愚痴を吐き出す場になってます。

2年前に父親との確執でひどく憤慨してしまい。

高血圧になってから、心疾患で胸が苦しい毎日です。

ブログ記事に書く内容にもネタが思い浮かばないし。

またブログを削除しようかと思う時もありますが。

せっかく続けているのだから辞めてはいけないと思います。

最近特に思うことは、

自分はたいしたことないなと思うんです。

病院関係者は絵がうまいねとか言ってくれるのですが。

自分としてはそれほど上手とは思えないし。

自分が書いた詩や小説も、読んでみるとたいしたことはないやと思うし。

何をやっても半人前と思う今日この頃です。

以前父親と喧嘩した際に、「お前なんか世間に認められていないぞ!」と言われて、落ち込んでしまいました。

2十年以上世間にいじめられて生きてきたから、心がかなり傷ついている。

ゆっくりと時間をかけて心の傷を癒やしていくんだと思いますが。

動物は自分の傷を自分で舐めて治そうとします。

毎日夜になると悲しくて泣きたくなります。

悲しくて悲しくて、それでも救われたいと切望します。

慰めには時間が必要なのでしょう。
                         
                                  
        

集団ストーカーくやしい

category - コラム+ エッセイ
2016/ 01/ 18
                 
集団ストーカーテクノロジー犯罪の被害者になっていなければ。

病気も軽くて今頃は社会人になっていて、もっとお金を持っていただろう。

集ストは情け容赦ない。

被害者の困る顔を見てあざ笑っている。

道路を運転していて自分の顔を見ていやらしい顔で笑っている奴が皆、創価に見える。

二年前までは被害がものすごかった。

世間にもいじめられてPTSDになった。

幽霊の幻覚まで見えた、思考盗聴による人工幻聴で恐怖を植え付けられた。

脳内に児童ポルノのわいせつな画像(全部静止画)を転送されて。

近所の家庭にテレパシーとなって知られて迷惑をかけているんじゃないかと危惧して。

子供のいる家庭の親御さんに殺されるんじゃないかと恐怖した。

1988年に聖隷三方原病院に医療犯罪をされてから有名人になったが。

すぐに創価の罠が来た、ああ罠にはめられているなと分かった。

いまだにマスコミが集団ストーカー犯罪を報道しないから。

被害者は泣き寝入り、警察も集スト(創価)の味方をしている。

マスコミも集団ストーカーの味方をしていてほのめかしをする。

被害者は統合失調症と言う奴が居るが。

集ストの被害を受ければどんな人間でも統合失調症になる。

順番が違う。

自分がオナニー(自慰行為)をすれば、天気が晴れると勘違いするバカが大勢居た。

                         
                                  
        

悪酔いしました

category - コラム+ エッセイ
2016/ 01/ 17
                 
今日は高血圧の薬を飲まなかったので。

お酒を飲んでも良い気分にはなれませんでした。

悪酔いしてしまった。

寸前の記事で人生のうっぷんを書いたら、寒気がしてきました。

体の芯が(魂が)寒い。

苦痛を愛すれば不幸も自由に感じるのでしょうか。

毎日寝て起きたら嫌なこともすぐに忘れてしまう。

でも心に蓄積されたダメージはトラウマとなってしまう。

以前は書きたいことが湯水のように頭から湧いてきたのに。

今では何もひらめきません。

面白くて楽しい記事は書けません。

向精神薬を毎日飲んでいるので、感覚が鈍っているのだと思います。

無職で精神病だとか正直に語っても何も良い事はありませんが。

隠すようなことではないし、ウソが嫌いだからこれでいいんです。

策略や結託が大嫌いです。

結託して悪さをする輩が許せません。

昔、赤の他人に自分が精神病だと言うと珍しがられました。

聞いてもいないのに自分から精神病だと言う人は、めったに居ないそうです。

普通は差別を恐れて病気の事を隠すそうです。

個人的事情は個人情報に成るので、他人にはどうでもいい話ですが。

有名人は嫌だと言いながらブログを読んで欲しいと言うのは矛盾してませんかね。