2016/07/03

ショート小説

        

涙の海を完泳せよ3

category - ショート小説
2016/ 07/ 03
                 
今日学校帰りに歩道の石を蹴った。

彼女はふてくされた顔で屋台のたい焼きを買ってきた。

セーラー服を脱ぎ散らかして、携帯電話を放り投げる。

学校でつまらないことがあったから。

ほんの些細なことで同級生と言い争いになった。

本当につまらない原因。

スウェットスーツに着替えてからベッドに突っ伏す。

ボム

グスグス泣きながら熱いたい焼きを食べる。

あんこが少ないなとか思いながら、彼女は明日の身体測定を気にする。

弟のタイゾウが不登校でひきこもりだから、親がいつも怒っている。

変に優しくして甘やかしてはいけないと言う親。

彼女は知っている。

誰もが寝静まった深夜2時、タイゾウが一人で出かける。

最近毎日だ。

ある日気になって彼を尾行した。

暗い夜道で彼女は何回かコケたが、彼は夜目が良い様だ。

町外れの小高い丘を駆け上ると階段の先に、広い展望台がある。

いきなり現れた彼越しの満天の夜空に、心がときめいてしまった。

「うわあ・・・」

「おねーちゃん!」

タイゾウが驚いて振り向く。

彼は寝巻きのままここに来ているようだ。

周りに高い建物がないから夜空が天の川一色だ。

学校の理科の教科書で見たような星の地図が目の前に広がる。

彼女はコンクリの踊り場で黙って踊りだした。星がお客に思えた。

「おねーちゃん」

何も会話はなかったが、何も問題は起きなかった。

一時間ほど二人並んで天の川を眺めてから言う。

「綺麗だねタイゾウ」

「うん」


それから毎日の会話は無い。

でも知っているから。弟が人生を諦めてはいないことを。

朝が来るまでの瑠璃色の空、ベッドで天井を見つめる。

明日はあの娘にどんな顔で会えば良いんだろう。

ごめんと一言が言えない。

たった一言が言えないだけでこんなに困るのに。

あれからいつも天の川銀河を思い出す。

夜はいつも静かだ、ここらへんはへき地だから。

誰かといっしょがいいな。ひとりぼっちはさみしいから。


弟はいつも一人で泣いているのに、親に何も文句を言わない。

「星に話しかけるのかな」

ほかの同級生の娘と話したこと。

遠足でフェリーに乗ったとき。

「ねえみっちょん」「あの水しぶきは生きてるのよね」

「ええ?」「確かに生きてるように見えるよねえ」「あははは」

なんで記憶はあるのかな。

なんで都合よく消えたり覚えたり出来ないんだろ。

「・・・・」

がば

またあの展望台へ行きたくなった。

今度はコケずに来られたが、タイゾウは居なかった。

時間が違うのだろう。

「うわあ」

今日も快晴の満天夜空だ。


「ふんふんふん♪」

誰かに見られてたらなんて踊る理由には成らないよ。

今夜は私も寝巻きだ。ひきこもりってイカス・・・

朝までこうしていたいな。何も考えずに。


「星のお客さんは何億人?」


明日の朝が来たら、また学校であの娘に「おはよう!」て言おう。

いつもの笑顔で。

命の燃焼効率
命の燃焼効率
                         
                                  
        

人間水族館

category - ショート小説
2015/ 09/ 20
                 
「ねえねえお母さん」
「あの人間の親子が今日も来てるよ?」

「あら本当」
「入館料は安いけど」
「きっと仕事がなくて暇なのね」

「お母さん、仕事って何?」

「エサを食べるために汗を流すことよ」
「カネ、て言うガラクタを貰うの」

「ふ~ん」

「ほらほら、あたし達を指さして何か言ってるわよ?」
「きっと、あたしたちのウロコに見とれてるのね」

「そ~かなあ、僕は、あいつウマそう!て言ってると思うよ?」

「ボク、そんなことよりも。おババ様が呼んでいたわよ」

「え、あの人まだ生きてるの?」

「何言ってるのこの子は」
「あの方は死ぬことはありません」
「苦しみ、血を流すことを喜んで受け入れる方ですから」

「はい」


・・・・・・・・・


「お久しぶりです、ババ様」

「おお、サンテ」
「あなたですか」

「僕をお呼びですか?」

「ええ、今がいい時期です」
「まだ若いあなたに、大切なことを教えねばなりません」

「はい」

「・・・・サンテは、この我ら魚を見せ物にする人間が」
「なぜ縛られた動物なのかを、知っていますか?」

「う~ん、僕は知りません」
「人間は縛れているんですか?」

「ええ、がんじがらめにされています」

「僕には見えません」

「ええ、だから彼らにも見えないのです」

「何でなの?」

「人間は太古の季節より」
「少しだけ他の動物よりも、脳が開放されていました」
「だから、道具というガラクタを使って」
「この、地上を支配したのです」
「すべての生き物を食います」

「はい、僕も知っています」
「人間は、生き物で快感を作るそうです」

「よく勉強していますね、サンテ」
「サンテは知っていますか?」
「人間は、敵意で同じ仲間を殺します」

「え、そ~なの?」
「みんなニコニコしてるよ?」

「ここに来る人間はそうですが」
「本当は・・・腹、と言う顔があるのです」

「お腹にも顔がついてるの?」

「それが人間が縛られている理由のひとつです」
「快感という欲望を覚えた人間は」
「気持ち良いのが辞められなくなり、罪を繰り返し」
「罪を重ねて、その重さに気がつくことも出来なくなりました」

「へえ、じゃあ僕たちは人間のために死ぬの?」

「サンテは見ぬくことが出来るのですね」
「私達生物は、人間のために。そして人間とともに死にます」
「その心は何だと想いますか」

「わかりません」

「愛、と言う本能です」

「アイ?」

「食って寝て犯す」
「本能はこの他に」
「愛する、と言う生きるよりも死ぬよりも大切なものがあります」

「へえ・・・よくわかりません」

「ええ、サンテは知らなくて当然です」
「人間だって知らないのが普通ですから」

「あ、でも人間が縛られてるのが何となく判ります」
「人間のいやらしい顔が僕の脳の中で見えます」

「・・・・すみません。サンテ」
「少し疲れました」

「はい、おやすみなさい。ババ様」



「あ、ボク。どうだった?おババ様のお話は」

「うん。人間でも知らないことを教えてくれたよ?」
「人間は縛られている、悲しい生き物だったんだね」

「・・・まあ、ボクも成長できたのね」
「じゃあ今日はお祝いに、貯めておいたミミズをあげますよ?」

「わ~い!」
                         
                                  
        

ワレハ工員ロボット・ナンバーツー

category - ショート小説
2014/ 08/ 19
                 
ピィーッ

ガタン・ガタタン・ガタタンッ・・・

ナンバーツー「今日も残業で帰りが遅くなってしまった」

電車通勤はストレスが溜まる・・・
毎日朝6時に起きて、仕事へ出かけて夜遅くに帰宅する毎日。
私、ナンバーツーはロボットであるのだが、市民権が与えられている。
表向きは人間様と同じ権利だと言うのだが、どう見ても差別が蔓延している。
遠くの大都市では、ロボットの権利平等を掲げて大規模なロボット達によるデモクラッシーが始まっている。

今月の工場の生産性向上標語は・・・

「ノルマ達成の為に、ひと鉄板脱ぎましょう!」

何故か知らないが、人間様はロボットの知能が幼児並みと信じきっている風潮がある。
確かにロボットたちの見た目は、ブリキのオモチャのように単純そうに見えるのだが。
実際は、哲学を語り理論を展開出来る程の知能は持っている。

今日も生産現場で新製品のブリーフィングが行われた時に人間様の上司たちは、
上司A「ラインの労働者達はロボット工がミスを繰り返すのは」
  「頭脳の設計段階から問題があるのでは?」
  「と言っている人間工員も居ます」
  「ロボット工員たちの各自、頭脳サーキットの図面を班長に提出するように義務付けるべきです」
と語っていた。

No.2「冗談じゃない、では人間様はミスを犯さない自信でもあるのだろうか?」
こんな反感を持ったとしても顔に、いや音声機関から漏らす訳にはいかない。

今は休憩中・・・

となりで油ドリンクを飲んでいるナンバースリーに囁きかける。
No.2「おい、ナンバースリー殿。あのA班・班長の人間様は自分の娘に、100万ゼゼコもするPCを買い与えたそうだぞ」
No.3「本当ですか?」
No.2「ああ、本当らしい」
  「人間様が使っているPCが本当は・・・」
  「ワレワレ、ロボット達が苦労して設計生産したロボ・アーム・メイドだと人間様は知らないらしい」
No.3「ナンバーツー殿」
  「我々ロボットの体格デザインが何故、旧時代のイメージのままなのかを知っていますか?」
No.2「知っています」
  「人間様に近い見た目にしてしまえば」
  「人間様に化けて潜り込み、集団決起して反乱を起こす」
No.3「ええ、人間様はそれを一番恐れています」
  「!」
  「隣の班の班長の人間様が、さっきからワレワレノ交信を傍受しています」
  「愛想笑いを浮かべましょう・・・」
No.2「あははは」
No.3「うふふふ」

ガッチャンコ!

No.4「お疲れ様ですう、ナンバーツー殿」
No.2「お疲れ、フォウちゃん」
No.4「ねえねえナンバーツー殿、あたし最近痩せたと思わない?」
No.2「何ですか?フォウちゃん。軽量化したんですか?」
No.4「そ~なのよぉ!」
  「近所にあるウエイト・コントロールショップで歩行機関の外装材質を、アルミ・カーボネートに交換してもらったのよぉ!」
No.2「でもゼゼコが高いでしょう?ロボ課税がかかるし」
No.4「大丈夫なの!ロボトミー・クレジットが使えたのよぅ!」

人間様ヒラ工員A「なんだい、ロボットは人間みたいに運動してダイエット出来無いのかい?」
No.3「人間様、それは言いすぎですよ・・・」
人間様ヒラ工員B「こりゃ驚いた!ロボットが気配りとはっ!」
人間様たち「あっはっはっはっはっ」

穏やかそうに見えて全然穏やかな会話じゃない。
さっさとグロ電に乗って帰宅しよう・・・


ガタン・ガタン・ガタタン・ガタタン・・・

昨日の帰りに会社からグロ電の駅までの商店街の歩道で、捨て猫がダンボールの中で鳴いて居たな。
2匹のまだ幼い子猫。茶色いトラジマ模様の猫と、ミケ猫。
2匹ともメス猫なのだろう。ホンモノ猫なのだろうな。
・・・・・・・
果たしてロボットが子供を産める時代は来るのだろうか?
いやいや、いまだにロボットの頭脳サーキットが人工知能だと気づいていない人間様が大半の、この人間社会では。
ただ生き延びることだけが、ロボットのロードなのだろう・・・

今日も1日の労働の賃金から引き落としされる。
金属疲労・電線摩耗・潤滑油の消耗・脳回路のエラー修復。
アパートに帰ってもすぐには休めないのが人間様の様にズボラな生命維持が出来無い辛さだな・・・

ガタタン・ガタタン・ガタン・ガタン・・・・