2015年03月

        

こころがボロ雑巾

category - コラム+ エッセイ
2015/ 03/ 23
                 
永い間自分の心はボロボロの状態に、傷つきすぎて理解されなかった。

別にこっそり傷ついたわけじゃなくて堂々と恐怖した。

こんなことを言われたら相手はどう思うか、どう感じるか。

言わなくてもわかります。

後ろ指を指されて社会生活を生きるのは。

浜田省吾の歌の「非武装の地で争うことなく追われるもの」

「詩人の鐘」という曲は自分のことを歌うのかとずっと思った。

「愛の世代の前に」も、独りで慰安の中で虚しく踊り続けると言う歌詞がある。

自分の人生がまさしく慰安だ、未だに虚しく独りで踊っている。

ひどく惨めだと思う。

よくピエロ扱いされたけど、悲しいピエロはいじめられっ子。

謎を暴きたい世間に好奇な目で見られた。

ひどく世間にいじめられたせいで心はボロボロ。

未だに恐怖に怯えている。

毎日の日常が辛いと感じる。

自分はマスメディアとは何の関係もない。関わったことはない。

無職の精神障害者にウラもオモテもない。

その人のことは本人が一番よく知っています。

赤の他人は知りません。

人権侵害の海賊放送が嘘をたれながした。

強制タブーにされる悔しさを知っていますか?

                         
                                  
        

孤独は僕の友達

category - 詩篇(詩集)
2015/ 03/ 16
                 
ドキドキする胸の鼓動よ永遠に。

一人で踊れ一人で癒せ、いつか大輪の花の下で。

孤独の名のもとに夢を見続ける。

誰だっていつか死ぬ、涙と笑顔を繰り返して。

生きているのに愛が必要なら、ほかに何も要らないなら。

限りある世界で、限りあるすべてを大切にしよう。

愛と勇気のロマン。

未来はいつも鼻歌交じりだ、人懐かしく微笑んでいる。

口笛も吹けない不器用さに、どうか笑って欲しいから。


ドキドキする胸の高鳴りよいつまでも。

一人で笑え一人で泣け、いつか大輪の花の下で。

勇気の旗のもとに愛を信じている。

誰だっていつか死ぬ、嘘と誠をひきかえに。

生きているのに夢があるなら、ほかに何も無いのなら。

生きている世界で、限りある命とたわむれよう。

愛と勇気のロマン。

夢はいつも遠くで笑っている、素敵な夢をありがとう。

あこがれに、いつも先んじて取り残されるから。
                         
                                  
        

集団ストーカーにより病気にされる

category - ジャーナリズム
2015/ 03/ 15
                 
3月7日に精神病院を退院してから毎日病気の統合失調症が酷くなりました。

最近まで自分を狙っている加害者が居るなんて忘れていました。

彼ら加害勢力は集団ストーカーテクノロジー犯罪被害を妄想や統合失調症にする気でいます。

こんな病んだ犯罪がまかり通っているこの地球世界は完全にイカレテいると言えます。

未だにどこの公的団体も犯罪を認知していないそ~です。

自分の病気が酷くなったのは自分のせいと思っていました。勘違いでした。
                         
                                  
        

退院しました

category - コラム+ エッセイ
2015/ 03/ 10
                 
精神病院を退院しました。報告が遅れました、ごめんなさい。

今日、ブロくるで答えが出ましたが。

自分はスピリチュアルから卒業するつもりです。

20歳の時にお見舞いに通ったおじさんに病気を伝染されて以来、体内に毒が流れています。

毒が綺麗なことに反応する。

アカシックに手を出しても幸せには成れないしむしろ不幸になる。幸せに成るための礎(いしづえ)でしょうか。

トラップのような気がしていましたが、当たりみたい。

近いうちにブログタイトルとジャンルを変更します。

イラストのジャンルが良いかな。