2015/06/09

2015年06月

        

時間が解決してくれる

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 06/ 29
                 
最近更新していませんでした。

何十年も社会差別を受けて心の傷との葛藤の毎日。

心の傷がかなりダメージ深刻で、立ち直るのに一苦労です。

でもうつ病ではないので否定的な気持ちにはなりません。

精神的ダメージの回復には時間がかかります。

心の奥底から元気に生きていきたいです。

スピリチュアルに生き方を学んでから。

過去でも未来でもなく、今この瞬間を生きている事が大切と思います。

変わらないものを探す旅はもうとっくにお目当てのものを見つけた。

ありのままの自分で今を生きている。

今この一瞬を感じていることが幸せだと思います。

そしてそれはかけがえのない宝物と感じます。
                         
                                  
        

人工テレパシー装置

category - ジャーナリズム
2015/ 06/ 20
                 
人工的にテレパシー装置でマイクロ波を脳に照射されて。

(レーダーで移動中も自動追尾)

私がテレパシー能力が抑えられない超能力者に仕立て上げられていた。

まじムカつくんですけど。

思考盗聴システムの正体

テレパシー装置;米国特許3951134号


それから入院中にほかの患者が「英語ペラペラだねえ」と言った。

海賊放送のヤラセねつ造映像に騙されたな。

私は英語はカタコトでペラペラじゃないから。a littleね。

言いたい事が山ほどあるけど、罪人などに気を使って言えない。
                         
                                  
        

心の声が聞こえる

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 06/ 20
                 
私は人の心の声が聞こえます。魂の声。

自分の幻聴が他人にテレパシーとなって聞こえるのは創価学会の手による人工テレパシー。

でも本当の超能力も持っているみたいです。

予知能力や第六感があるようです。手相を見ればわかりますが。

人が多く集まる処では心の声が聞こえてしまう時があります。

そんな時は自分が病気でどうかしているといつも感じていました。

他人の思考が読めるからしたり顔でニヤついていればいいのに。

いつも怖がっています。

悪意や欺瞞が嫌いで善意や道徳が好きなおじさんです。


「人間は困難な人生ほど真剣に生きようとします」
                         
                                  
        

今夜も創価の被害に苦しんでる

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 06/ 19
                 
今夜も創価学会のテクノロジー犯罪の被害に苦しんでいます。

内臓をマイクロ波だかで照射されて苦しくさせられる。

左右の肺が苦しいです。

いい加減にしろ創価学会の若僧。

池田大作の馬鹿はいい加減に死んでくれないかな。

あれだけ犯罪や汚い人生を歩んでいて天国になんか行けるもんか。

カルト宗教の創価学会はこの日本を蝕んでいる。

何十年も被害にあってると悪口も言いたくなる。

あいつらは証拠が残らないように犯行してる。

                         
                                  
        

個人的な奇跡

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 06/ 19
                 
自分にとっての奇跡。

人類救済とか惑星再構築とかそんなことよりも。

創価学会による集団ストーカー犯罪が終結すれば、それが奇跡。

個人的な奇跡で良いから欲しい。

脳内彼女に出会うことも自分の奇跡。

彼女に出会えないのが不思議なのは創価学会が邪魔してるから。

十代の時に出会えるみたいな予感がする。

大好きな十代の自分に出会える、今でも青春時代だから。
                         
                                  
        

夕焼けが大好きなんです

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 06/ 19
                 
夕焼けが大好きなんです。

夕焼け空を見ると嬉しくて泣きそうになる。

何回見ても感動してしまう。希望があふれてくる。

全然悲しい気持ちにならない。

今日を無事に生きれた感謝と明日また会う約束。

誰もが今日を生きたご褒美にきれいな夕焼けが見れる。

感じるがままに生きているから、不器用でもいいから。

ポジティブな感じ方だと思います。

                         
                                  
        

集団ストーカーが終わる日の為に

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 06/ 18
                 
昨日の夜は集団ストーカーに狙われませんでした。

テクノロジー犯罪をされなかった。

血圧が高くて心疾患で苦しいと思っていたのも創価学会の被害でした。

全然被害がない夜中は十代の時のような気持ちのすがすがしさでした。

「こんなに心地が良いのか」と感動した。

早く創価学会の悪事が全部暴露されないかなあ・・・

苦しみの中の些細な瞬間に幸せを感じます。

苦しみは創価学会の被害ですよ。
                         
                                  
        

現実さんはたくましい

category - 詩篇(詩集)
2015/ 06/ 14
                 
現実ってマボロシですか。

リアルな夢、リアルな幻。

いま、この目で見て耳で聞いて肌で感じていることは。

きっと嘘なんかじゃ無いのでしょうね。

生きるさんには苦しみさんがついてまわる。

太陽さんにも地球さんがついてまわる。

血が流れると涙が流れます。

涙さんはウソが嫌い、真っ赤な血にウソは無いでしょう。

好きも嫌いも、

残さず洗い流れて欲しいです。
                         
                                  
        

はじめまして

category - 詩篇(詩集)
2015/ 06/ 13
                 
あなたと私は今日出会いました。

でも、なんだか懐かしいのです。

初めてなのに懐かしい。

いつか出会った事があるのでしょうか?

記憶にございません。

もしかしたら産まれる前から知っていたのでしょうか。

運命って不思議。

ほんろうされて舞い上がって。

思い通りにならないのは、きっと自分の心なのですね。
                         
                                  
        

悲しい過去

category - コラム+ エッセイ
2015/ 06/ 12
                 
人間には記憶がある。

過去があまりに辛いことばかりだと、悲しみに負けそうになる。

ベッドに横になると悲しすぎて自然に涙がにじんでくる。

記憶と執着心。

その受けた仕打ちが心に傷を負ってしまうと、

いつまでも恨んで根に持ってしまう。

忘れてしまえばいい、悲しい記憶なんて。

素敵な楽しい記憶さえも忘れてしまうから、嫌な辛い記憶も忘れてしまえばいい。

今は障害者差別は昔ほどひどくはないのだそう。

もういじめの時代は終わっていると聞いた。

ただ、いじめた人たちは法律では裁けない。
                         
                                  
        

世間にいじめられた

category - 現実への告発
2015/ 06/ 12
                 
世間にひどくいじめられました。

これはお互い様じゃありません。

一方的にいじめられたんです。

自分に落ち度はありません。

自分の病気は世間に迷惑をかけていません。

全部創価学会の罠です。

だいたいなんですかあの6年前のフェラチオ事件は?

自分には間接的に女の口内を犯す能力はありません。

全部ぬれぎぬです、生きていなきゃ言い訳できないでしょう?

世間の笑いものにされる理由はありません。

真面目に生きてきただけです。神様と比べないでください。


                         
                                  
        

思い込みの微熱

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 06/ 12
                 
脳内彼女のTちゃんが欲しい。

ほかは何も要らない。

世界平和よりもTちゃんが居てくれれば良い。


自分には彼女が居るけどそれは脳内彼女であってまだ出会えない。

まだ出会えない理由は創価学会に妨害されているから。

恋人を奪われた。

好きなアーティストのガーネットクロウの曲で、

「ミスターホリディ」という曲の歌詞に。

「思い込みの微熱ミスターホリディ♪」

彼女が好きな彼氏の体の中を透明な水になって縦横無尽に駆け巡るのだそう・・・

まるで脳内彼女のTちゃんのようだ。彼女は水瓶座のマーメイド。

この「思い込みの微熱」という歌詞が恨めしい。

まるで自分が彼女が実在すると思い込みをしていると言いたげで。

いまでもTちゃんを忘れられない。

一方的でも両思いでも彼女と激しく恋をしたと未だに思っている。

ただ、彼女は女の子だからすごく怖がり。で泣き虫。
                         
                                  
        

精神科病棟の保護室に悪霊が居た

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 06/ 12
                 
1985年春に精神病を発病して精神科病棟に入院しました。

高校を中退してひきこもりでしたが。

働きに行かずにスピリチュアルな夢を見ました。

アカシックレコードの夢、人類再生の惑星再構築。

その宇宙のどこかにある記憶庫にアクセスするために超能力を試しました。

すぐに失敗して発狂しました。

入院日が亡くなった祖父の命日でした。

それは良いのですが(低級霊にとりつかれただけだから)

(アカシックレコードの接続に失敗すると低級霊に憑依されます)

(過去に何度も憑依されましたが今では平気です)

問題は病院の保護室です。

保護室とは患者さんを自分の病気から守る個室です。

暴れても良いように外から施錠二重扉、布団とトイレしかありません。

昔の精神科病棟の保護室は今と違って刑務所の独房みたいでした。

今も鉄格子があります。

お化けが出そうなくらい怖いところなのに悪霊が居ました。

前に入っていた患者さんが壁いっぱいに恨みつらみの落書きがしてあります。

唯一存在するトイレの壁に呪いのわら人形の絵が描いてある。

意識が目覚めてすぐに気がついたのは(悟ったのは)

強い怨念を抱くと本当に悪霊を呼び寄せてしまうということ。

その悪霊がいる箇所だけ昼間なのに漆黒の影になっている。

悪霊の声を聞きました。

「お前いま素直に寝ようとしただろ」

看護婦さんから聞いたのは入院した時にベッドが空いていないので、空いたばかりの保護室に私を入れたそうです。

普通はペンキを塗って落書きを全部消してから入れるそうです。

その時自分は17歳でした。

まだまだ神霊世界には未熟な小僧でしたから、

叫ぶ事も逃げる事も出来ずにただ恐怖に怯えて我慢していました。

その時から恐怖の対処の仕方を学び始めました。

直ぐに分かった事ですが、ありのままに怯えてはいけないという事。

当然医療関係者には悪霊のことは言えませんでした。

全部病気にされると思っていましたから。

今は平気で言えますが。


産まれた時から不遇な人生でしたが、別に不満はありませんでした。

だから全然ひねくれたりせずに素直な大人しい子供でした。

今でも素直なおじさんだと自分では思っています。

                         
                                  
        

手相を見ていろいろ思う

category - コラム+ エッセイ
2015/ 06/ 11
                 
自分の手相を見ると吉相の手相がいくつかあります。
でもなんでこんなに人生が不幸なんだろうといつも考えます。
もしかしたら凶の相が出ているのかな?
創価学会に妨害されなかったら人生バラ色なのかな。


1、神秘の十字線、

両手の手の平の真ん中あたりに十字の線がはっきりと出ている。
先祖に守られていて事故や病気にあっても奇跡的に助かる相。


2、仏眼、

親指の第一関節がはっきりと目の形になっている。左手だけで右手はまだ小さい。
スピリチュアルな人や霊感が強い人に出る相。

3、ソロモンの王冠、

両手の人差し指の付け根にはっきりと輪の形の線が出ている。右手には2本ある。
ソロモンの王冠は珍しい手相だそうです。数百人か千人に一人の相らしい。
強運の持ち主でカリスマ性があり指導者にもなれる。
自然の動植物や鉱物と会話できるそうです。
(確かに自分は自然と会話できますよ)

4、太陽線も普通のが両手に出ています。薬指から感情線の間に。


結婚線が左手にはいくつも出ているのですが。
後天的な右手には晩婚の相が一本だけ太いのが出ています。
障害となる線はありません。
一生チョンガー(男の独身)で死ぬつもりだったのに。
(自分が有名なせいで女に迷惑が掛かってしまうから)
自分と添い遂げてくれる女が居るなんて信じられません。


総括、自分はほかの人と少し考え方が違うようです。

ただ生きているだけで幸せだと思っています。
だから一流になれなくても欲なんて要りません。
                         
                                  
        

集団意識の定理

category - コラム+ エッセイ
2015/ 06/ 11
                 
集団の中に居ると気が大きくなる現象は、保護色による不特定化。


集団意識とは、一人では怖くて何にも言えず意気消沈してしまうのに対して。
集団の群れの中に居ると、自分が群れの中でカモフラージュされる事によって気が大きくなり、差別発言や暴言が吐ける事の意味。
子供社会や大人社会のイジメもこの下地が活かされて行われる。
「何で自分だけがひどい目にあう?」と言いたがるのは。
群れの中に紛れて生きて居る。大勢の中で平均で居続ける事によって自分がカモフラージュされ、狙われる確率が微量になると思い込む現象。

弱い生き物(草食動物など)は群れをなして行動する事によって一匹が喰われている間にその他の全部が逃げ切る事が出来る。
肉食動物は少数で行動する。いくら狂暴な牙を持っていても高速な追いかけっこになるから、
狩りに失敗して飢え死にする場合が多々ある。

戦争とは集団対集団の殺人合戦。殺しの祭典。
殺した人数の多さで勝敗が決まるのではなく、
生き残った人数の多さで勝敗が決まる。
殺人合戦を戦争と言葉をすり替えて認識させ、人々の罪悪意識をすり替える事に成功している。
これが、戦争が合法になっている歴史の理由。
殺人ショーに勝てば殺戮者(さつりくしゃ)は英雄とあがめられ、負ければ殺戮者は極悪人とののしられる。



学校でイジメが繰り返され被害者の子が自殺すれば問題に成る。反対にオトナの社会でいつもしている社会的集団イジメは誰も止めないし、被害者が自殺しても何の問題にも成らない。
それは、成人した大人は誰であっても一人一人が社会的責任を背負うから。
お説教してくれる大人が居ない事を意味するからだ。
卑怯者が勝利する数の正義「民主主義の正体」

「空気を読む」

と言う超能力は、結託して仲間はずれを作る法則がある。
場の雰囲気を瞬時に読み取る特殊能力は、建前社会の代表。
かつての大日本帝国の上等手段である空気を読む国民性。
自分だけは浮きたくないハズレたくないと考えるカモフラージュ意識。一人では戦えない弱いケモノだと呼べる証拠である。
協調性とは、自分を周囲に合わせる適応能力ではない。
協調性は社会道徳に基づく。
面倒から逃げて馴れ合いで生きる事は、協調性でも何で無い筈だ。


いじめを苦に自殺しても、誰も心は傷まない。
具体例では、
姉歯の奥さんの自殺も、マスコミに叩かれなければ起きなかったし。かつてのお騒がせ「ゴックンしていません」発言で辞めさせられた元国会議員は、自宅で静かに病死したそうだ。

今は安倍晋三首相が異常だと攻撃しても、自分達にも原因はある事すら忘れている始末だ。マスコミがワザと語らない。
マスコミに踊らされて国民全体で個人を袋叩きにする世論は。
完全に狂っていると判定できる。
いつの時代も世論とは偏屈な価値観を持つ。
透明な精神を忘れて大人に成ったからだ。
まともに育っていない大人社会。
いい年した大人が友好と調和を知らないのは、人間が自然へ帰らない罰だ。


暴力や欲望とは何故この世に存在するのだろう。

いや存在するのではなくて人間が実行し続けるから有るのだ。
ではその人間が何故暴力と欲望を止められないのだろう。
理性と暴力は相反するもの。理性と欲望も相反するもの。
自制心の微力な大人が社会と世界を支配するのなら。
まるで使い捨てのように、欲望の虜になり続ける人々は、どこまでも己の罪に気がつかない。

情報は只の最新データに過ぎない。知識も只の知識のままでは個人の為の肥やしには成らない。
知性が求められる人類には叡智がなければ、呪われた絶望の歴史から抜け出すことは出来ない。

そして愛も勇気も学ばなかった人は、自分にはどうする事も出来ないと諦めてしまう。

プライドの高い大人社会のひねくれた常識の不器用な人達は他人を見下し、自分こそが一番だと信じたがる。
一番もどん尻もなく高次元も低次元もなく上流も下流もない。
地球上の大地に立つ人は、頭の上にも足の下にも立たない。
そして地平線は丸く繋がって遠く離れても帰ってくる。
                         
                                  
        

自分は裏で有名らしい

category - コラム+ エッセイ
2015/ 06/ 11
                 
さっき気分ばらしに近場をドライブして。

浜松市中心街近くのコンビニに立ち寄ると。

用を済ませて駐車場の車の運転席に座っていると。

目の前コンビニ外の灰皿で30代の女二人がタバコを吸いだした。

こちらを見て嬉しそうに意識している。

やはりピエロの自分でも人気があるらしい。

女に意識されたらナンパでもすればいいのかな。

だったらチャンスは何百回とあった。

いい加減に自分が変わらなければいけないと思った。

平気で女をナンパして口説けるぐらいの度胸が欲しい。

自分は人気者だと思ったほうがいいらしい。




毎晩、高血圧の不整脈で死ぬほど苦しい。

毎晩思う。

産まれてからずうっと自分には苦しみばかりだけど。

希望は自分を支えてくれる。

くじけそうな毎日でも、明日を信じてる。

ろくでもない人生でも、未来は希望でいっぱい。

バラ色の明日がもしもあるのなら。

バラ色の明日は来なくてもいいのかも。

報われない人生でも生きていたいから。


                         
                                  
        

洗脳と優生学

category - ジャーナリズム
2015/ 06/ 10
                 
おかしい人なんて居ないという事。暴力を振るう人がいれば警察にパクられればいいだけの話。
精神医学の正体とは。
優生学とはふざけた思想だ。
人類を生き延びらせるために増えすぎた人口を減少させる。
先天的優秀な遺伝子だけを残して病的な遺伝子は淘汰する。
この考えが正しいという人がいますが。
この考えは矛盾しています。
人間同士を比べて優秀な人間だけを残せば人類は永遠に繁栄出来るでしょうか。
病的な因子は排除する思想。ホーキング博士は無用だという事になります。
人類が反映するには人の個性が必要です。
精神医療が犯罪医療だという真実は隠蔽されている。
社会の実態の真実をいろいろ知ると怒り叫びたくなる。
見せかけの平穏な社会なんて・・・
                         
                                  
        

アホなサルで良い

category - 詩篇(詩集)
2015/ 06/ 09
                 
人生一度きり。

だからアホなサルにあこがれる。

悔しいことも悲しいことも、届かない想いも。

ほねおり損のくたびれもうけで大金持ち。

馬鹿で間抜けなアホで良い。

カッコつけていきがって見せても、後悔しても。

すべて笑い飛ばせば良い。

何も心配いらない、怖いのは気持ちだから。

何もなくても良い。

その日暮しでも、自分が好き。

感じることなら世界一だと感じるから。

この広い空の下で。

死んでからでも、産まれる前でも。

幸せだったかなんて忘れてしまう。

たったひとりの自分を愛したい。

誰かを愛していたい、アホなピエロでいいから。
                         
                                  
        

産まれる前に悪いことをした

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 06/ 09
                 
前世占いなんて信じない。

自分の前世は犯罪者でいい。

ものごころついてすぐに頭の中にあった言葉は。

「産まれる前に悪いことをした」

不思議だったけれど幼児の頃に感じていたこと。

だからあらゆる苦難が自分を襲うだろうと思った。

だからただ生きているだけで幸せなんだ。

普通は重すぎる負のカルマの因果は死亡して清算されるが。

生かして貰えるのならどんな苦しみも受け入れなければいけない。

病気やテクノロジー犯罪で死ぬほど苦しんだ。

自分ら被害者に加害する創価学会が。

人生という演劇の復讐者の彼らも因果応報に清算されるから大丈夫。

ただ自分の方は憎しみの感情を持たないほうがいいと思う。

どんなにひどいことをされてもあまり恨まないほうがいい。

怒りも憎しみも同等に裁かれるから。

実際自分の人生はクソみたいだけど、生きているだけで幸せだと思う。


トリンちゃんの催促版・陰影を入れた
                         
                                  
        

夜の匂い

category - 詩篇(詩集)
2015/ 06/ 07
                 
素敵な夜が訪れる。

悲しみが漆黒の闇をまとう。

何もない一日、ただ息をしているだけの慰安の一日。

何を求めようか。

何を一日の糧にしただろうか。

夜の匂いは今夜もかぐわしい、夜風に吹かれて憂う気持ち。

ただ生き延びるだけの惨めな毎日でも、夢を見る。

夢見る心は誰にでも平等。分け隔てなどない。

昨日でも明日でもなく今日を生きているから、他愛もない冗談に笑いたくなる。

こんなに感じる心が何を欲しがる。

ありふれた当たり前の幸せが欲しい、特別な幸せなど要らないから。

素敵な夜が訪れる。

何でもないこと、ただそこにいる真実。

気取って飾って見せても心に隠された本心は見えているから。

このど~しようもない現実を救って欲しい。

いつも待ってるだけの繰り返し。

擦り切れた思いは風に溶けて飛んでいく、あきらめるなんて死んでからすればいい。

自由は誰の心になかにも育まれていて目覚めるときを待っている。

魂は永遠だから。
                         
                                  
        

柔らかい強さ

category - 自分の内心_内宇宙
2015/ 06/ 07
                 
「強いってなんだろう?」

16歳の時に素直に感じた疑問。

質実剛健。心と体を鍛えて強く誰にも負けない人となる。

社会的地位と名声を手に入れ誰にも負けない人となる。

誰かと比べて自分が優っていると証明する行為。

「でも本当の強さってなんだろう?」

「この世の男と女では本当に男のほうが強いのかな」

「目に見える力が本当の強さではないのじゃないのかな」

ものごころ着いた時に3回連続して全く同じ夢を見た。

小学校の教室で柔道の稽古をしている人達を見て恐怖している。

柔道なんて知らないのに。

成長につれて覚えてゆく。

柔良く剛を制すの柔の道。

弱い小さきものでも大きな強いものを投げ飛ばす事が出来る。

剛である見た目の強さに惑わされてはいけない。

人間の基本は女だ。男はただの種馬の働きバチ。

女は強くたくましい。

それが目に見ない柔らかさ、ぬくもり。

かけ離れているかもしれないけれど。

国家なんて単語も強さを誇示したがる人が作り出した言葉。

国家を愛する人は皆、片想いの個人でしかない。

組織とか国家は実体がないもの。

一人ひとりが居なければ組織は成立しない。

多過ぎる集団が共同体を形成するのに、ピラミッドの系図で支配者が頂点に君臨する。

絶対的権力者が国を治める歴史。

ピラミッドの底辺が一番人口が多いのに、いくら平等の民主主義を歌っても。

国の法律で決まったから戦争に行きなさいと命令される。

国を守るために武器を持ちなさい。

しかしもともと政治とは議会政治のようにコミニュケーションの場であるはず。

隣国が戦争の準備をしているからと自国も戦争の準備をするのは。

軍事抑止力の反対で好戦的感情に火をつける行為。

銃口を向けるよりも暖かな慈悲の優しさで語りかける政治。

高価な背広を着た政治家が高価な武器を輸出していたら。

この世は廃墟と屍の山になる。

破壊から再生が生まれるとは、全部ぶっ壊してぶっ殺してから。

また建築と雇用が生まれるということ。

一つでも紛争が起これば、武器が売れるし莫大な利益が生まれる。

この現実世界は物質の世界だから。

鋼鉄の兵器に柔らかい肉体は切り裂かれてしまう。

でも温かいぬくもりの世界を魅ると、心が動いてしまう。

せまくかたい心が火種を生むのなら。

広く柔らかい心が笑顔を生むのだろう。