FC2ブログ
2018/12/21
2018/12/08

2018年12月

        

遥かなる混純(こんじゅん)

category - 詩篇(詩集)
2018/ 12/ 31
                 
灯しながら語り続ける夢は、絶えずときめきを与えてくれる。





とりあえず、ここから始めよう。





今から何百年たっただろう。



その時代の空を見上げながら、幾つもの想いをダブらせたいんだ。



綺麗な空を見上げながら・・・
                         
                                  
        

レクイエム・鎮魂歌

category - 詩篇(詩集)
2018/ 12/ 31
                 
空が鳴いてる



草も鳴いてる



やがて雨が降り風が吹き、解け入って土に還る



それでもまだ僕らを守ってる



永遠に・・・

                         
                                  
        

今年も終わりですね

category - 未分類
2018/ 12/ 30
                 
30日は朝から夕方まで寝ていました。



楽しい夢を見れました。



いつも同じですが。



夜になってTBSのレコード大賞をBGMにしながらPC机の前に座ってます。



レコード大賞つまんないな。イケてない。



いままでブログで日々のことや理想を書いてきました。



無事に年を越して正月を迎えることが、今の俺の楽しみです。



正月2日が俺の誕生日ですが。



会社も学校も休みで誰も祝ってくれないので。



コンビニのショートケーキでも食べてひとりでお祝いしたいと思います。
                         
                                  
        

永遠に変わらないもの

category - アカシックレコード記憶庫
2018/ 12/ 21
                 
いつまでも探している。



永遠に変わらないものを。



光の速度で変わりゆくこの世界で。



何が正しいのかなんて自分にはわからない。



ただひとつ、わかっているのは。



誰の人生も一度きりだと言うこと。



過ぎ去った昨日に悔いのないように、あきらめてしまわぬように。



若さにまかせて体当たりした玉砕の青春。



粉々に砕け散った過去の自分が残像となってうろついている。



どうか笑ってよ。



いつまでもパズルのピースを探している時代遅れの僕を。



あなたの本当の声が聴きたいんだ、



同情や取り繕った建て前の言葉や、見栄なんかいらない。



あなたは何が欲しい?何が要らない?



変えることのできない現状や、しでかした昨日のことも。



すべてが許されるよ。



じゃなければ人間が産まれてきて死んで逝く意味がない。



罪を背負って産まれる人間が、同じ過ちを繰り返すのは。



忘却の世界だから。



不思議なくらい同じ色に染まってゆく社会の中で。



あなたの自分色に染めてほしい。



誰にも踏み込まれることの無いあなただけの領域に。



                         
                                  
        

素敵な

category - 人間力の育て方
2018/ 12/ 21
                 
あなたが産まれた日、世界は希望でいっぱいだった。



この子はどんな子に育ってくれるのだろう。



無理して体を壊さないかな、人に騙されて泣かないかな。



素敵なときめきに心を躍らせて、誰かを愛するのかな。



大切なものといくつも出会って。



人生を賭けて、それを守るのかな。



その時、あなたのそばには、誰がたたずんでいるのかな。



満開の花が咲くこの道で。



風に吹かれて歩いてゆくあなた。



いつかあなたと巡り合うとき、また自己紹介をしよう。



趣味は何ですか?好きなもの夢中になるものは何ですか?



悠久の時間の中で、夢は終わらないのかな。



あなたの隣で笑っているのは誰ですか?




女学生挑発的1縮小版
                         
                                  
        

心の再構築

category - スピリチュアル
2018/ 12/ 18
                 
壊れた心を治す。

破壊神は再生の神。

産みだす為にはすべてを捨て去ってしまう。

深く傷つく繊細な心は、抱えきれない痛みを隠す。

ああどうか心をやり直すその時の為に。

混沌としたこの時代の中で、行き先を見失った世界の中で。

些細な事で文句を言う現代人を眺めながら。

あるがままを受け入れる勇気と愛。

いつの時代も世の中は偏屈だ。

人は光を求める。

光の正体が愛だと知っている。

産まれて来て、楽ばかりを味わう人は居ないだう。

厳しい運命の前に、ぬるま湯の人生を退屈だと言う。

今が満たされていなくとも、闇に魅入られた魂でも。

未来に憧れる。

どうか幸せが待っていてくれるように。

未来へ向かって今日を歩く、昨日の経験を胸に秘めて。

粉々に壊れた心は再生される。

心の再構築は、誰の目の前にも訪れる。

こんなにも生命で溢れる星で、命のつながりを糧に。

あなたはあなたで、私は私だ。

あなたは私ではないし、私はあなたではない。

一人一人が固体として産まれて来た。

大勢の人が関わり合って、想いは交錯する。

幾つもの苦しい夜を超えて、輝く朝を迎える。

魂は運命の魂と巡り合う。

刻まれた記憶とともに。

人を見守るすべての神よ。

愛の名のもとに幸せを約束して欲しい。

平等と言う道徳がこの世を覆い尽くすまで。

                         
                                  
        

負の世界を超えるため

category - スピリチュアル
2018/ 12/ 15
                 
スピリチュアルが好き。

あきらめるなんて出来ない、そ~いう生き物だから。









きっと幸せも不幸せも自分のためにある。

与えられた環境と条件の中で最善と精一杯を尽くして。

悲しい運命を呼び込むのは、この負の世界を超えるための必然。

鏡に向かって何を怒り叫ぶんだろう。

心の一番奥底で感じている、耐え続ける人生を理解して欲しい。

合体するのも群れて生きるのも、独りの体に産まれてきた今日。

誰だって孤独な夜を生きている。

独りで流す涙に嘘はないから。

朝は来ないなんて夢も希望もない事は言えない。

太陽は必ず光を与えてくれる。

光に包まれて花は咲くものだから。

遠まわりが一番の近道だって、教科書通りの生き方じゃ知らない。

頬を流れる熱い液体は、心が火傷をしている証。

呼ぶ声に振り向いても、いつもそこには誰も居ない。

その指で確かめて欲しい。

存在している今を。
                         
                                  
        

戦争を続ける地球人

category - 軍事評論_戦争と平和
2018/ 12/ 08
                 
テロリストも軍隊も殺人犯も、同じ殺しだ、殺しに差別はない。



テロリストが卑怯だとか、殺人犯が人の子ではないとか。



軍という公式に人を殺す国家の言い訳は聞きたくない。



すべて殺人だ、殺人に汚いもキレイもない。



地球人の歴史は戦争の歴史だ。



メディアも暴力を推奨している文明。



国境線が人の心を縛り付ける。



産まれた国が違うだけでののしりあい憎みあい、争う原因になる。



理想を追い求めてはいけない法律なんてない、それが思想犯なんてチャンチャラおかしい。



「やられたらやりかえす」「国民の財産を守る」



これだけの理屈のために政党が平和憲法を捨てようとしている。



安保法案が成立すれば、PKOで自衛隊が海外で戦争するようになる。



国防論ばかり唱えるのはカモフラージュ。



PKOと国民の財産は無関係。



日本はカネだけじゃなく、血を流して世界の仲間と肩を並べたい。



国民投票で国民の大勢が自民公明を選んだのだから。



日本人は侍民族じゃない、農耕民族だ。



米を喰わねば、死んでしまう。



なんとかの戦いよりも、百姓一揆こそが聖戦である。



マイノリティはいつも泣きをみるのが地球人社会。



地球のルールはめんどくさい、宇宙ルールを無視しているから。




ダイコンと平和
                         
                                  
        

透過速度

category - アカシックレコード記憶庫
2018/ 12/ 02
                 
伝統と革新。



古いものと新しいもの、互いに溶け合い透き通るまで。



アジアの風に吹かれながら、私たちは歩く。



人類の進化の過程で、価値観の転移、利己主義から利他主義への転換がある。



地球の歴史のシフトの途中で生きている。



あなたと共に、泣いて、怒って、笑いあうのがいい。



今この瞬間に幸福を感じて。



大勢の中にいても孤独を感じる、自分の居場所が見つけられない。



自分はどこか人と違うんじゃないか、古いこの星のしきたりがなじめない。



そんなあなたはきっと守られているよ、多くの愛すべき存在に。



一心不乱に駆け抜けろ、闇と光の交錯する道の途中。



退屈な人生だなんて、この世は嘘だらけだなんて。



この世界にあなたが必要なんだ、人類はあなたと共に踊る。



血塗られた歴史なんて塗り替えてしまえ、世界平和の名のもとに。



間違いだらけの歴史なんて学ばなくてもいい、あなたが歴史を創れ。



新しい次元は未知なる風。



風はいつも未来を指し示している。



未来の予感に導かれて、感情は時間の海を泳ぐ。



向かい風が追い風に変化する日、夢にまで見た時代が訪れる。



この地球において、新しい価値観、観念がいったん確かな足場を得た時。



そのエネルギーは野火のように拡散する。



何のために自分が産まれてきたのか、産まれてきた意味を知る。



明日に夢を思い描いて眠った昨日。



いつの間にか傷つくことに慣れて、恐れて、馴れ合いにあきらめてしまう。



希望がなければ人は生きてゆけない。



正しいことと間違っていることの違いなんてどうでもいいから。



この美しい世界をみんなで守ってゆこう。



この波動次元が宇宙の愛で満たされるために。



人がいつか、争いを忘れる日のために・・・