FC2ブログ
2020/03/28
2020/03/23
2020/03/21
2020/03/14
2020/03/13
2020/03/11
2020/03/09
2020/03/05
2020/03/05
2020/03/05
2020/03/03
2020/03/01

2020年03月

        

平和の鐘

category - 平和の為に
2020/ 03/ 28
                 
新しい風、新しい波。

決して当事者たちに優しくないそれは。

恐怖に立ち止まることを促す。

恐れるな、新しい難問を。

ピンチの時がチャンスだから。

絶体絶命の危機に、希望の光が光臨する。

後手後手に回る政治家どもを。

笑い飛ばしてやれ。

星が泣いているよ。

自分勝手に生きる人間の足元で。

葬儀の参列者は誰が亡くなったのか知らない。

自由の限り生きた名もなき英雄の墓。

胸に抱いた理想と誇りを。

ときめきの名のもとに。

産まれては死んで逝く生きものたちの中で。

愛を知り、愛に涙する獣。

流星に祈りを込めて。

海岸線の砂浜に、幾筋にも走る光。

悲しみを受け止めて、泣いてくれる蟲。

星も泣いているよ。

時代の風が吹く、その時の為に。

間違いを笑って許すほどの寛大さが欲しい。

トリンちゃんの催促版・陰影を入れた
                         
                                  
        

中年!

category - 人間力の育て方
2020/ 03/ 27
                 
3日前、精神科の病院に診察に来ていて。

ついでにデイケアにも参加していて。

デイケアから診察の為に本館の玄関まで歩いてゆくと。

玄関から出てきた外来患者とみられる若い男女。

若い男がこっち見て

「中年!」と言って失笑していた。

若い男から見れば中年のおっさんは笑えるらしい。

悔しかったけど、一瞬の出来事だったのでやり過ごした。

俺の場合は人に笑われるタイプで。

人をバカにして笑ったことは一度もない。

若い頃は青臭い若造だ生意気だと世間にいじめられていた。

人を笑う余裕なんてない。

年寄りが笑えるなんてどうかしていると思った。

                         
                                  
        

詩的な感情

category - 詩篇(詩集)
2020/ 03/ 23
                 
愛されたいと願うほどに、愛は遠ざかってゆく。

今日も世界はドラマチックで。

器用に生きることなんてできやしない。

不器用に笑顔を振りまいて。

誠実さが答えだと信じて。

そんな自分が大好きで。

病が自分を不利にするのなら。

病を一生の友達にすればいい。

悔し涙が自分を育てるから。

素敵な生き方が最大の復讐になる。

所詮こいつもと思われても。

自分だけは違うなんて言えない。

自分が優しいなんて言えば嘘になるから。

悪口と称賛のアーチを潜り抜けて。

野望があるから。

美しいと感じた世界が好きだから。

ナツコ16号最終版
                         
                                  
        

あの日の亡霊

category - 詩篇(詩集)
2020/ 03/ 21
                 
失うものと手に入れるもの。

過ぎ去る時間の中でおどけてみせる。

教えて欲しい。

お前の瞳に映っている俺は誠実か。

俺はお前にふさわしい男なのか。

世の中の不幸をしょい込んだ様な顔をして。

白昼夢が通り過ぎるのを待っている。

追いかけるものと逃げるもの。

重すぎる荷物を胸の誇りに。

答えて欲しい。

お前の悲しむ顔なんてもう見たくない。

俺とお前が見つめ合っている。

熱いまなざしで言葉は語ろうとしない。

過ちは繰り返さないと約束した。

昔より良くなった。

ああ本当の事さ、若い頃の俺ときたら。

愛だけが世界を変えると信じていた。

愚直なまでにまっすぐで汚れを嫌う生き方だった。

年を取るのは素敵な事だ。

老いを恥じる事なんて無いさ。

経験は人を魅力的にする。

若さを売りにするメディアには理解出来ない。

誰にでも胸に秘めている情熱がある。

誰だって多かれ少なかれときめいている。

このクソみたいな素晴らしい世界に乾杯をしよう。

戦う事を宿命付けられた人の世界で愛を叫ぶ。

何度だって語りかけるさ。

無駄な努力と言われても。
                         
                                  
        

変化のない毎日

category - コラム+ エッセイ
2020/ 03/ 21
                 
毎日、ただ寝るだけの堕落した生活してます。

午後に起きて、酒買って呑んで。

時々吐いて。

何も変化のない毎日です。

それでも退屈にはなりません。

ネットでブログ書いたり小説書いたり、YouTube観たりアベマテレビでアニメ観たり。

デイケアに行っても何も変化はありません、黙々とひとりでお絵かきしてるだけです。

永い人生生きていて、退屈だなんて思ったことは一度もありません。

人生暇なのですが、「ああ暇だあ!」なんて思ったことはないです。

普通じゃないのかなあ?

あと、夕日を見て悲しい気持ちにはなったことがありません。

きれいな夕焼けを見ると必ずうれしくなります。

また明日会う約束とともに太陽様は沈んでゆきます。

夜にはお月様が見守ってくれるし、私たちは幸せですね。

アイドルの女の子色塗り版1縮小版
                         
                                  
        

武装解除

category - 詩篇(詩集)
2020/ 03/ 14
                 
人の心の温かさよ。

飯を喰って安心している。

糞を出してスッキリしている。

布団に入りぬくぬくしている。

幸せな瞬間、それは誰にも奪えない。

この世の果て、幸せを連れて行こう。

世界のはじっこで泣いている。

主人公にはなれないザコキャラです。

だから人の痛みもわかるし、悲しみも理解できる。

人生は戦いじゃないから、心を育てよう。

言葉の弾丸で傷つけた昨日。

許してほしい、軽はずみな言動を。

今も最前線で戦う同志の為に。

許してほしいなんて言えないから。

せめて言葉を贈るよ。

心の武装解除。

心のバリヤーを溶かしてしまえ。

かたくなに守り続けたプライドの壁。

音を立てて崩れてゆくよ。

願い、祈りをささげた天の龍。

何度でも何度でも、繰り返そう。

愛の言霊。

愛を学ぶ為に、人間は産まれてくる。

生存競争の中で、愛を知る。

命のぬくもりの中で、獣たちの群れの中で。


トリンの挽歌・最終版


                         
                                  
        

優しさと金儲け

category - 人間力の育て方
2020/ 03/ 13
                 
人間は誰もが優しさを持っている。

どんな荒くれ者も欲にまみれた者も、

戦争へ行って人を殺した者も。

親や周りの人間から愛情をもらって育った。

子守唄を聴いて眠った天使の夜。

優しさが社会道徳となり、弱者を守って社会は高度な文明と言える。

ところがどうだろう。

ニュースは危機をあおり増長し、くだらないことに興味を持ち一喜一憂している。

問題を起こした個人を攻め立て、しつこく追いかける。

金もうけの資本主義が正しい価値観として、

カネを沢山稼げる人間だけが優秀だとされる。

親は子に愛ある人に育ちなさいと口では言うが。

カネを稼げない大人に育つと能無しと罵る。

どんなに大金を積んでも愛は買えない。

愛が地球を救うと唄い、カネをかき集めて何をするの。

慈善事業の名のもとに、愛のマスターベーションをする偽善者。

愛が商売に利用され、損得勘定で世の中を渡る。

地球で一番獰猛な種族、人間。

すべての生き物を喰らい、同じ種族で殺し合う。

やっぱり見た目だと言い。痩せる薬を売る。

子供に悪は倒すものだと教え。

隣人と競い合うことを教える。

ああ、こんな世界のどこに安らぎがあるのか。

優しさが傷つけることがあるとしても。

優しさしか希望がないから。

どんな大金持ちでも、愛が欲しいと嘆く。

愛がお金で買えるなんて、幻想だから。

A子ちゃんの心の中1
                         
                                  
        

命の燃焼効率

category - 詩篇(詩集)
2020/ 03/ 11
                 
慰安の中で。



なぜだろう、涙があふれてくるよ。



悲しみが付きまとうから。



それを忘れるために思いっきり笑い飛ばすんだよ。



男だからね、人前で涙は見せられない。



いくつもの切ない夜を超えてきたよ。



ここに誓おう。



昔も今もそしてこれからも。



決して裏切らないと。



人並みに生きることは出来ない。



幸せを謳歌して人生を楽しんでいる人にはかなわないよ。



劣等感が自分を育てる。



憎しみも妬みも嫉妬も。



この胸を掻きむしるときめきに変えてしまえ。



胸は張り裂ける。



今日あなたは糧を得る。



繰り返すだけの日常を嘆かないで。



生かされている事実にありがとうを。



命を燃やして生きる。



命の燃焼効率。



命の燃焼効率
                         
                                  
        

心が欲しい

category - 人間力の育て方
2020/ 03/ 09
                 
俺は臭い詩を書く。

歯が浮くようなセリフでお涙頂戴。

誠実さを語れば語るほど、言葉で遊んでいる。

無責任なことは言えない、本気さで勝負する。

それでもやめることは出来ない。

言葉で感動する人がいるから。

見た目で判断される社会で。

心の美しさを競う。

心ない言葉で傷つく人がいる。

言葉で傷が癒せるのなら。

言葉の暴力を言葉の愛で包んでしまおう。

心を持つ生き物だから。

心が欲しいと言うんだろう。

ブルースカイ/五式戦五番機・シャム猫/目つき修正
                         
                                  
        

素敵な企み

category - 人間力の育て方
2020/ 03/ 05
                 
俺には企みがある。

うへへへへ。

この世を笑顔だらけにしてやる。

みんなをほっこり幸せな気持ちにしてやる。

太古の昔から繰り返す、醜い争いを止めてやる。

えへえへえへ。

困っている人を助けてやる。

泣いている人に寄り添ってやる。

悩んでいる人の励みになってやる。

悲しみに暮れる人の癒しになってやる。

いひひひひ。

退屈な毎日に飽きている人も。

辛い日常に嫌気がさしている人も。

素敵なときめきに瞳を輝かせるまで。

性懲りもなく語り続けてやる。

きひひひひ。

そんな苦労なんて何も辛くはないさ。

いつか今日を振り返った時。

駆け抜けた青春に感謝してやる。

見てろよ愚かな政治家ども。

げへげへげへ。

この世界を変えるのは名もなき人々。

この世の危機を乗り越えてやる。

大義名分なんてないさ。

戦争じゃないからさ。

うひゃひゃひゃ。

罪深き現代人の群れを。

清き道へ導いてやる。

待ってろ汚れなき世代の子らよ。

誠実さでは負けんからなあ!

女学生挑発的1縮小版
                         
                                  
        

幸福の惑星

category - アカシックレコード記憶庫
2020/ 03/ 05
                 
誰もが罪を背負い産まれてくる星。

産まれる前に約束した。

二度と同じ過ちは繰り返さないと。

だから記憶を封印されて産まれてくる。

それは平等なペナルティ。

この困難な惑星で。

幸せになるべく産まれてくるすべての命は。

生存競争の中で忘れてしまう。

子守唄を聴いて眠った天使の夜を。

夢見る頃を過ぎて。

寂しさに泣き濡れた夜も。

悔しさだって生きる糧にして。

笑顔を振りまいて生きてゆこう。

世界が進むべき道を見失っている。

こんな時代だからこそ。

星の未来を照らす光になれ。

ネコ又の夜・行き
ネコ又の夜・帰り
                         
                                  
        

悲しい人生のワクチン

category - コメント
2020/ 03/ 05
                 
昔の友人、男性で30歳くらい年上のKさんは本が好きで、よく本や昔の人物の話をしてくれた。



今は施設に入っているか、亡くなっているかもしれない。



その人の人生は苦労話ばかりだった。



弟の見合いの日に自殺未遂をして病院に入院したり、幻聴を本物の話し声と勘違いして隣の家に踏み込んだり。



実家に住んでいると運勢が悪くなるからと、ひとりでアパートに住んでいた。



もう亡くなっていると思うけど、当時90歳の御両親に仕送りしてもらい、貧しい暮らしをしていた。



ある日、その人のアパートへ行くと、部屋の中が血だらけになっていて。



「Kさん、やった?」



と聞くとうなずいた。自殺未遂したようだ。包丁で腹をかっさばいたらしい。



すぐに救急車を呼んで病院まで運んだ。



救急隊員に事情を聴かれて「精神科にかかってます」と言うと、救急隊員は黙ってしまった。



俺は17歳で精神科病棟に入院して、精神病で悲劇的な最期を迎えた人を何人も見てきた。



悲しみが自分の心を支配した、でも自分は生き残った。



夜になって、総合病院でオペが始まってから帰った。



アパートに停めてある車までタクシーで帰るとき、タクシーの運ちゃんが腰が痛いと威張りながら言っていた。



自分は「へえ、そうですか」と客なのに敬語を使った。まだその時は自分は20代で世間では青臭い若造だった。







悲しみと向き合い、受け入れたり受け入れられずに暮らしている人。



そんな人たちの癒しになりたいと願った。



バカで間抜けなピエロを演じようか?



律儀で実直な代弁者になろうか?



                         
                                  
        

人間が人間を殺す

category - 平和の為に
2020/ 03/ 05
                 
人間が人間を殺す。

人類が誕生する間から。

サルが武器を使い同じサルを殺すことを覚えた。

食料を得るために動物を殺す武器で。

そもそもこの星では、生きものが生きるために、同じ生き物を殺さなければならない。

殺して喰う自然界のルールから外れた同種殺しは。

同じ人間を殺す行為は食うためじゃない。

憎しみがその理由。

恨みつらみを沸点に達してついに人間を殺したか。

太古の昔からある文明と戦争の繰り返し。

創造して破壊して、歴史は繰り返されてきた。

人類に危機が迫り。

それを解決するために人間がいがみ合うのを止め。

ひとつの目標の為に一致団結する。

その目的が争いでなければ。

誹謗中傷なんかなくなり。

誰もがお互いを思いやり。

優しさで傷を癒してしまう。

そんな夢みたいな未来が来ないかな。

人は争う。

それがこの世の定めだとしても。

対話によって得られる未来のほうがいい。

破壊と殺戮の蹂躙の歴史の中で、愛は確かに育まれる。

血気盛んな野蛮人よ、愛の前にひざまずけ。


女の子と自動小銃2縮小版
                         
                                  
        

空が青くない

category - 独白
2020/ 03/ 03
                 
俺の住んでいる浜松は、青空が青くない。
平成になってから、水色の空になった。
昭和時代は、濃紺の濃い青色だった。
藍色と言うんだろうか?
他の地域では、空は青いんだろうか?
嘘も必要だと考える人が増え、嘘が当たり前になってしまい。
嘘が蔓延してしまったから、神様が青空を隠してしまった。
カーラジオでは、静岡は今日も快晴の青空ですと言うが。
水色の空じゃねーか。
平成時代は、空がおかしかった。
俺は龍と関係しているので。
俺が世間にいじめられると龍が反応して雨を降らせた。
別に呪われているわけじゃない。
天に好かれているんだ。
若い頃は世の中にいじめられたな。
悔しくて悲しかった。
辛かった時期は終わり、もう誰も堂々と俺を指ささなくなった。
気がついたらおっさんの歳になっていた。
浦島太郎の気分で今日も車を運転する。

祈るA子ちゃん修正版
                         
                                  
        

優しさクオリティ

category - 詩篇(詩集)
2020/ 03/ 01
                 
人の心の優しさ。

優しさは暖かい、ぬくもり。

スマートな優しさは嬉しい。

不器用な優しさも嬉しい。

どんなに無慈悲で冷酷な人にも優しさはある。

社会道徳を形成するのは優しさ。

学校で習わなかった優しさ。

悲しみを知る。

痛みを知る。

その度に優しさの大切さを覚える。

報道番組でコメンテーターが偉そうに語る。

そんな人にも優しさはある。

優しさのクオリティ。

まだ見ぬあなたの優しさは。

愛のベールに包まれている。

素敵だな。

排他的なこの世界で、優しさが基準となる。


A子ちゃんの心の中・2