Post

        

こころがボロ雑巾

category - コラム+ エッセイ
2015/ 03/ 23
                 
永い間自分の心はボロボロの状態に、傷つきすぎて理解されなかった。

別にこっそり傷ついたわけじゃなくて堂々と恐怖した。

こんなことを言われたら相手はどう思うか、どう感じるか。

言わなくてもわかります。

後ろ指を指されて社会生活を生きるのは。

浜田省吾の歌の「非武装の地で争うことなく追われるもの」

「詩人の鐘」という曲は自分のことを歌うのかとずっと思った。

「愛の世代の前に」も、独りで慰安の中で虚しく踊り続けると言う歌詞がある。

自分の人生がまさしく慰安だ、未だに虚しく独りで踊っている。

ひどく惨めだと思う。

よくピエロ扱いされたけど、悲しいピエロはいじめられっ子。

謎を暴きたい世間に好奇な目で見られた。

ひどく世間にいじめられたせいで心はボロボロ。

未だに恐怖に怯えている。

毎日の日常が辛いと感じる。

自分はマスメディアとは何の関係もない。関わったことはない。

無職の精神障害者にウラもオモテもない。

その人のことは本人が一番よく知っています。

赤の他人は知りません。

人権侵害の海賊放送が嘘をたれながした。

強制タブーにされる悔しさを知っていますか?

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント