FC2ブログ

Post

        

傷をかばって

category - アカシックレコード記憶庫
2020/ 04/ 29
                 
人は傷つくことを覚えると、それ以上傷つくことを恐れる。
胸の奥に刻まれた記憶が、魂を守ろうとするからだ。
心は魂だ、胸の真ん中にある。
生まれ落ちて、愛を教わる子は、ぬくもりを覚える。
部族が違うだけで人は憎しみ合い争い、傷つけあう。
遥か過去、太古の時代に猿が武器を持ち狩りを成功させてから。
人間はこの星で支配者になった、すべての生き物を喰らう。
殺したならば、喰ってあげるのが礼儀だ。
同じ人間同士で喰うわけでもないのに、憎しみという理由で殺しあう。
なんと愚かな!
傷ついた心を閉ざしてしまう、愛のぬくもりを覚えているのに・・・
学校は柔軟な思想を石頭に変えてしまう。
コミュニティとしての学び舎ならば、勉学を教える必要はない。
子供同士で競わせて、優劣をつけ成績をつけてしまう。
人間は皆生まれ育つ環境も、親からもらった遺伝子も違うから、比べるのは無理がある。
学校があるから戦争がある。
国境線に何の疑問も抱かせない学校なんてなくってもいい。
良い成績を残して、優秀な会社に入ることが人生の目的と勘違いする教師。
もしも人生に勝ち組も負け組もなかったなら、戦争もないだろう。
高度経済成長時代が終わり、裕福な時代に育った大人が改憲に賛成する。
泥水を飲んで残飯をあさった人は、生きているだけで幸せだと言う。
この幸せを分けてあげたい、恵まれた環境に生きても、現状に不満を抱く人たちに。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント