Post

        

ゼロデイ攻撃を受けている

category - 現実への告発
2014/ 07/ 04
                 
      

           「そんなアホな!!」


           ゼロデイ攻撃されている。

最近、ハッカーに完全に遊ばれている原因が、ネットブラウザ。マイクロソフト社のインターネットエクスプローラだった。
ブラウザ上でないとインターネットは出来ない。
いま、第三者のブログで読んでショックを受けたところ。
その記事に書いてあった、米国の機関が発表したクライシス。
マイクロソフトのOS ブラウザ、インターネットエクスプローラの僅かな隙間にハッカーが進入できる隙間がある。
ハッカーはそこに侵入してPCを外部から乗っ取り遠隔操作する。
私も被害の該当者。スパムされている現在も、記事を書いているこの瞬間も。
変換確定前の日本語が狂っている表示。すぐ解った。その間違ってる日本語のセンスが。スパムされて変えられた小説の日本語のダサいセンスとまったく同じ。同じ人間。
中国人のサイバー犯罪組織があるみたい。
中国語が上手で日本語も上手。私は中国人と疑う。
ハッカーの手口は中国を美化する傾向がある。漢字変換で気がつく。
日本語をなめて中国を敬う。
ていうか、変換候補の漢字が中国語にすり替わってる。日本語の漢字じゃない。
中国語の変換ツールかこれは?
アカウント権利を乗っ取り遠隔操作をします。
起動する度にコントロールパネル、ネット共有センターの設定。ファイルとプリンターの共有の設定をオンに変えられる。
いくらPC内でハッカーのアカウントを排除しようとしても出来ない。外部からの攻撃だから。アカウント権利を奪い返そうとしても、外部から拒否されるので絶対に勝てない。
記事で知る前に自分でもがんばって突き止めたから。ユーザーファイルのマイクロソフトの中、App
ハードやソフトの虚弱性が見つかってから、対応策が取られるまでのエアポケット。空白の時間が今です。
その期間の攻撃をゼロデイ攻撃と呼ぶそうです。
ゼロデイの対象者ですよ正幸は。
Windowsアップデートで対応するみたいですが。まだです。
日本語入力ツールもいじられてる。まともに日本語漢字もひらがなも打てない。
打ってる最中に消される。

マイクロソフト社のインターネットエクスプローラは、普及率世界シェアが一番。ほぼ全員のネットユーザーが使用している筈。最新OSのWindows8.1にも基本ソフトとして入っている。

マイクロソフトのインターネットエクスプローラ現行の全部のバージョンが被害の対象だから。
他のブラウザのほうが安全、


関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント