Post

        

形あるものは必ず無くなる。

category - アカシックレコード記憶庫
2015/ 08/ 14
                 
スピリチュアルな話です。


-
かたちあるものは消えて無くなる、永遠の存在が出来ない。
人は一瞬の人生で何を体験する。



宇宙次元は魂が転生をする旅人で賑やかでありまた孤独でもある。
意識生命ではなくて、一人一人の魂が肉体と呼ぶ器の中に入り産まれて来る物質世界。
今居るこの世界よりもっと素晴らしい理想的な世界がある。
心が見えないこの世界では。
相手の本意が理解出来ぬわだかまりが心とウラハラな行動になる。
だからひとつになりたいとか分かり合えるとか、夢みたいな言葉に酔いしれる。
産まれ落ちて汚れないで居られる生命など居ない。
赤ん坊は産まれて号泣する、言葉は知らない。脳は封印される。
ねじ曲がった地球人の歴史教育が本当の自分を否定している。
魂に刻まれた経験は、目に見えない成長をする。
長寿の大木には年輪が刻まれる。

今の自分の人生や姿は全部自分が選択した事だと言う見方がある。
しかしそれは間違い。
誰も望んでもいないのに震災や戦乱に巻き込まれる。
産まれてすぐに難病になり事故に遭い誰かに殺される。
一人でも自分の不幸を望む人が居るだろうか。
すべての事象は因果応報によって具現化される。
この困難な物質世界で限りある制限の中で。
痛みを感じる体は自分を守るために。
痛みを感じる心は自分を成長させ気づきを得るために。
喜びとは誰でも解るような快楽だけでなく、苦難を耐える痛みも。

この世のすべてが愛が変化した姿だから。
愛することも憎むことも愛する行為、あらゆる暴力で傷つける行為すら。今の人類が繁栄出来る理由の恐竜時代も愛の姿。
この青く美しい地球ですべての生き物は生きるために他者を食う。
食わない目的で殺すのは人間、自殺者が多いのも人間。
生身では弱すぎる獣の人間には成長過程で愛が育まれている。
人間が有する希望が慈悲だから、憎しみも怒りも乗り越える対象。

文明人はいただきますとごちそうさまの意味を忘れてしまう。
生きていられるだけで幸せなのだと気が付けない文明圏の人類。
大量生産と大量消費が地上に滅びを迎える。商いが正義であるから。西洋式の裕福は清算されてしまう理由。それが物質文明。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント