Post

        

記憶にございません

category - ジャーナリズム
2015/ 09/ 22
                 
昔の流行語で、

「記憶にございません」

と言う政治家のウソつきだと推測される発言がございましたが。

集団ストーカーだと称される他人のほのめかしは。

意識操作によってその人の記憶に無いまま発言させられている。

のだとやっと判りました。

だから幻聴ではなく本当に他人が言っていてもリモートされているわけだから。

その他人は記憶に無いと言う事になる。

だからターゲットにされた被害者は誰であれ統合失調症にさせられる。

と言う訳だ。

自分がだれかと会話していて、

「あなた今こんなことを言ったでしょう」と言われたことがある。

自分が記憶に無い発言をしているのだ。

しかも自分にとって都合の悪い発言内容。

病院の診察で主治医に、

『以前の診察時に今のとんぷくは自分に合っていてとっても良い薬です』と言ったでしょう。カルテに書いてあります」

と言われた時。

「あれえ~?」と思い、自分がそういう病気なのかとも思ったが。

他人に悪く言われているという被害妄想は。

幻聴なのか本当に悪口を言っているのかで何十年も悩んだが。

全て創価学会の茶番劇だった。1988年の20歳の時から。

狙われていない無名人の十代の病気時は平気だったのだから。

創価本人が仏敵だったのだ、笑える創価のバカ!
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント