Post

        

警官は名前を名乗らない

category - ジャーナリズム
2015/ 09/ 23
                 
日本の警察官は名前を教えない。

警部以下の警官は個人情報保護法で名を教える義務はないのだそう。

でも、実際警官を話すと全員が、

「各自の判断でケースバイケースです」と言う。

「サービス業じゃないんだから言う必要はないじゃないですか」

でも独りも個人情報保護法のことは言わなかった。

「社会常識や社会い道徳に反しているし、モラルがないですね」

「教えて頂かなくて困ったことがあります」

以前警官の対応で、

「その時対応した警察官は誰でしたか?」

と聞かれたので、

「知りませんよ、名前も教えてくれないんだから」

何百人の警官と会話したが、全部初対面として扱われるから。

千回くらい同じ話をしてきた。怒りがこみ上げる時もある。

聴かれなくても自分から本名を名乗るし免許証も見せる。

聴かれたことは全部答えて来た。


警官はすぐに移動でほかの部署に飛ばされるから。

一年や二年前の警官はその警察署には居ないのだと言う。

殺人事件も時効が無くなったのに、三年前の話でも大昔だから知らないと言う。

警察と会話するときは憤慨してもキレてはいけない。

怒れても落ち着いて冷静に紳士的に話すこと。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント