Post

        

障害者のハンデ

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2015/ 09/ 30
                 
先日、ある住職がおっしゃいました。

「健康な人より障害者のほうが達観しているふうに見受けられます」

あ、よく理解できる話だと思いました。

健康で何不自由ない人だって働いて生きていくのに苦労しているのに。

ハンデを持った障害者は、人の何百倍も努力せねばなりません。

涙に明け暮れる日々だってあるでしょう、不幸を呪うことも。

それでも生きようとしている人は、やはり多くを悟っていると思います。

ここで言う障害者についてですが。

肉体的精神的社会的に、人一倍努力を強いられる人を指します。

自分も精神障害者だから、ハンデを持つ人を見ると愛おしい気持ちになります。

あなたは一人だと思っていても、ひとりじゃないんだよ。

多くの人があなたを気にかけてくれるように祈ります。

安保法案なんて社会道徳を計算外に入れた策略に、嫌気がさす人も居る。


世界中の人が相手を気にかけてくれたら、対立も問題も解決できるのに。

暴力よりも思いやりってかっこいいですよね。

さりげない優しさは涙が出ます。

泣きたいだけ泣いたらあなたの胸には虹がかかるでしょう。

どうかためらわないで照れないで優しさを発揮しましょう。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント