2014/07/18

Post

        

星の先駆者に成りたい終わる世界を変えたいと夢見たから

category - アカシックレコード記憶庫
2014/ 07/ 18
                 
17歳の初春。
不良の学校と知らず入学して登校拒否(不登校)親が勝手に退学手続き。
高校も中退させられて何もない自分ができる夢を見つけた。

旧アカシックレコード記憶庫。
ディスクではないから永遠の保管庫は悪しき存在では到達できない。所在宇宙域も知られることはない。

『人類再生・惑星再構築』

滅びる運命の世界を変えたいと夢見た。
自分から責任を取ろうとするパイオニアの人間力。
開示でも啓示でもなく、宇宙次元の未来地球の夢を見た。

17歳の誓いは決してがんほどきの対象でも電波でもなく。
未来の地球を廻す風だった。
だからこういう運命になっているの。

何の後悔もためらいもない。清々しい風が胸を吹き抜ける。

昭和60年から日本沈没のスケジュールを変える為に生きて来た。
アカシック研究所に資料を郵送して貰ったから当時グレイ宇宙人も殺しに来たし、始末せずに利用しようとニヤリしたが。少年だった私も内心気がついていた。
奴らには私を殺せないのだと。


灰色の可哀想な宇宙のワルガキ_縮小版
    灰色の可哀想な宇宙のワルガキ_縮小版
     
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント