Post

        

非暴力主義精神論

category - 軍事評論_戦争と平和
2015/ 11/ 01
                 
子供の頃、軍事小僧だった。
興味本位で勉強し始めた戦争が自分に問い詰める。
文明と戦争の関係。宗教と戦争の因果関係。
戦争の実態を学んでいくにつれて、ありとあらゆる暴力が嫌いになった。あらゆるいじめ嫌がらせ、ハラスメント。言葉の暴力。
世界中で精神世界の暴力がはびこっている。
心こそが置き去りにされていると思った。
偉そうな顔をして答弁する人たちも、目に見える世界に囚われている。日本アニメもゲームも暴力を肯定して否定しない。
物質的暴力が破壊美を生むのに等しく、生産性が文明を生む真実も置き去り。
暴力に疑問を持たせないメディア産業。

敵意のない世界、誰もが笑顔で暮らして往けたら。
それが希望だけの理想論でない事、実現可能な事も知る。
他者が考えている事が分からない恐怖ゆえに、武装し自衛する国家。
もしも相手の気持ちが分かったら、自分も相手と同じ立場に立つべきだと思う。
神の視点の頭上から物言いをするより、同じ地獄に落ちなければ説得力はない。
勝ち負けを教える旧時代の世界で、新しい波を創れ。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント