Post

        

日本産の馬は絶滅しました

category - ジャーナリズム
2014/ 07/ 19
                 
    
      【純日本産の馬は絶滅済みです】


日本の馬は日本人が殺しすぎて、今は居ません。
大昔に絶滅しました。
主な理由は戦争に使用したから。
馬刺しにしても食いますし。
侍が騎兵として酷使して殺し過ぎました。
今の日本には外国産のサラブレッドの馬しか居ません。
チビの日本人には大き過ぎます。

日本産の馬はロバみたいに小さくて。
短足で首が短い。
小さな侍が扱いやすいサイズでした。

子供の頃聴いた情報では、中国の山奥に僅かに生息している。
とありましたが、まだ中国が社会主義経済で人民服の時代。
もう居ないと思いますが。

時代劇を見てもサラブレッドに侍が乗馬しているのは。
滑稽(こっけい)です。
仕方ありません、純国産の日本馬は絶滅してますから。
知らない日本人は大勢、て言うか殆どですね。


一度でも絶滅した種は、二度と帰っては来ません。

日本の純国産の野鳥、トキも絶滅しています。
今のは中国など外国から輸入したトキ。
だから、保護活動なんてしている人を信用しないほうが良い。
日本のトキは絶滅危惧種ではなくて絶滅済み。


とっくの昔に絶滅した、ニホンオオカミ。
狼という生き物が。
誇り高き獣だという事実を知っている地球人は、少数です。
オオカミが、殺すのは食う為だと自覚しているからです。
アメリカ先住民族ネイティヴアメリカン(インディアン)は、
オオカミが自分達と同じ誇り高き狩人だと知っていました。

「インディアン嘘つかない」とは、
嘘がつけないではなくて、民族の誇りです。


関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント