Post

        

欠けた心を埋める

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2015/ 12/ 09
                 
精神疾患が躊躇に表れて激しかった。

過去において激しい精神の起伏があった。

今となっては既に平穏の日々を求めているが、過去においては激しさが日常を占めていた。

動機と鼓動を生きる糧に変えて、何を垣間見たのか。

集団ストーカーが日常に忍び寄っていた、生活の妨害をしてくる。

ありえない攻撃の仕方に精神は病んでゆく。

心に負った傷がトラウマとなって生活に障害をきたす。

今は精神が緩やかに起伏してゆくのを待つとき。

動から静へ、忘れる意味が見いだせるまで。

集団ストーカーテクノロジー犯罪の被害者は皆苦しんでいるのに。

マスメディアは統合失調症の妄想に決めつけた報道をしている。

創価学会が衰退する時代になれば、善と悪が入れ替わるだろうか。



ロクでもない人生だけど、生きていられるだけで感謝。

クソみたいな自分でも産まれて来て良かったと思う。

生きていて何も良い事無いけれどそれでも良い。

どんな最低な人生でも、未来への希望は捨てないから。

信じる心は自由なんだもの。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント