Post

        

夜の世界

category - アカシックレコード記憶庫
2016/ 02/ 12
                 
明ける事の無い夜。

人類の覚醒がないのなら、何のために生きるの。

夢と希望にあふれた昼間の世界はまぶしすぎて見えない。

残酷な夜の世界で今夜も月は涙を流す。

義務と自由と記憶の為に、現実を乗り越える為に。

罪けがれに染まった世界で、営利と謀略に生きる。

聖人君子になんて成れやしない、自分もまた罪を背負うケモノ。

現在は夜の世界。夜が明けた歴史はない。

冷たい世界に血液は凍り付く。

魔法と呪いが成立している、宇宙時代に成るまで人類が生存しているのだろうか?

メディア産業が作り出した宇宙戦争は存在しないリアリティ。

何度も人類は滅びてきた、再生しては滅びの繰り返し。

あきらめきれない夢がくすぶっている。

今度こそと呼ぶ声が聞こえる。夜から朝への人類の昇華。

この身の精神の高揚がもたらす高みへ行く、おとぎの国の天使に会う。

時代なんて馬鹿野郎だ、流行りすたりで人々を踊らせているだけ。

忘れてしまう、産まれる前は誰だって知っていたのに。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント