Post

        

働かざる者は食っちゃいけないのかな

category - 自分の内心_内宇宙
2016/ 04/ 18
                 
人間はご飯を食べないと死んでしまいます。



昔からのことわざに、

「働かざるもの食うべからず」と言う言葉がありんす。

私は昔から無職だけど、堂々と食ってます。

一日の労働に見合った対価として、食料を食しても良い。

働かない奴は飯を食う資格がない。

それが糧(かて)

と言いたいのだと思いますが。

世の中にはニートだけじゃなくて、働きたくても働けない人が居ます。

「働かん奴は死んでってくれ」と父親に言われます。

地震などで被災した人には無条件でただ飯が与えられます。

今回、熊本地震では避難民9万人に対しての三日分の食事が90万食と言います。

誰も避難民に対して、働かざるもの食うべからずとは言わないでしょう。

十代の頃から病院に入院していたから、病に倒れて人生が終わった人を沢山見てきました。

少なくとも自分は飢えの辛さを知っているつもりだから。

食べ物に文句を言った事はない。

どんな食材も腹に入っちゃえば同じだ、の考え。

だから、高級料理もカビの生えた食パンもおんなじだと思う。

味グルメが大っ嫌い、罰当たりだと思う。

「こんなマズイ料理が食えるか!」

と箸を投げるグルメは、食材に謝罪しなければならない。

「じゃあどうして殺してくれたんだ!」

と食材はなげくでしょう、無言のままに。

学校で教えられた「いただきます」と「ごちそうさま」の精神を忘れて育ったのがグルメ。

私は普通の舌、味覚でよかったとつくづく思う。

ありきたりの食事をおいしくいただけるだけで幸せ。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント