Post

        

利他主義は生きているか

category - 人間力の育て方
2016/ 04/ 28
                 
情念と呼ぶ想いが、この世の憂鬱を払しょく出来るなら。

憂いに満ちたほほ笑みで見つめて欲しい。

混沌とした世界で生きてゆくのは、残酷。

自分の幸せを追求する社会。

自己主張は確かに素晴らしい。

利他主義は、自分よりも他者の幸せを自分の幸せと認識する。

これは自分のものだと主張するよりも、これはあなたにあげます。

誰もが地球資源を食いつぶしてきた、そのツケを払う時が来る。

来たるべき危機の時代に、ただうろたえるだけでは。

この不公平な世界で、何が平和だ。

金持ちが貧乏人を支配する。

カネが無いと生きられない文明社会。

飢えて死んだら「お気の毒に」と言われる。

世界各地で起こる軍事紛争、世界は平和じゃない。

ただ流されるままに生きているだけでは、何も気が付かない。

感じる事が多過ぎるのなら、新しい世界を知れ。

同じ服を着て、同じ料理を食べて、同じ価値観に縛られて。

流行りすたりに踊らされるより、自分の個性を貫け。

変わり者と見られる方が勇気が要る、ただ生きているよりも。

試練に試されるのが産まれて来た意味、たやすい世界の中で。

男も女も子供も老人も、地球人は皆、罪人なのだから。

同じ宇宙の流刑地の仲間だから、皆が手を取りあって生きる理由。

その礎(いしずえ)が利他主義。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント