Post

        

呑まずには居られない気持ち

category - スピリチュアル
2016/ 05/ 08
                 
最近、ここ一年くらいで、酒をよく飲むようになった。

自販機やコンビニで500mlの発泡酒を2,3本買って毎日飲む。

休肝日は設けない、でもアルコール依存症ではないと思う。

酒でも呑まなけりゃやってられない気持ち、あほらしい人生。

一日中シラフでは居たくない。さみしい気持ちはまぎれない。

努力しても報われなかったと思っている。

真剣で生きて来たから、馬鹿らしくなってくる。

それでも誠実で居なければならないと思うから。

泥酔するほど飲まないけれど、ほろ酔い気分で眠りに就くのは幸せ。

神経過敏すぎる病気があって、超能力もそのせいだから。

酒で過敏な病気を治そうと思った、上手くいったようだ。

耳から強烈なエネルギーが出ている、ダダ漏れだ。

夜は永い、朝が来るまでの短い気休めの中で。

幾つものせつない夜を超えてきた、ここに分け合えれば。

なんか、格好つけて肩ひじ張って文章を書くのも疲れてきた。

ヌルイ活字でも書こうか、無責任で不誠実も良いかもしれない。

ほとんどの人は、ネット言葉や絵文字顔文字を使って巧みに文章を書くのに。

自分は手紙を書くかのように堅苦しい表記をする。

変身する気で居る、ネット文字や顔文字を使いたい。

他の人みたいにヌルイ書き方したい!

不誠実で無責任な記述がしたい!

はにゃ~んwww

(^O^)/

でも何だか自分らしくないと感じる。

なれの問題でしょうね。

柔軟性が自分の持ち味なのに、かたぶつではいけない。

柔らかな牙が一番痛いから、かみ砕いてやれ、得意の笑みでww

クソ真面目な記事ばかり書いてきたのがアホらしく思える。

真面目に読んで下さる読者さんには申し訳ないけど。

誠実は疲れる、のんきでいい加減な一面も持つのです自分は。

とらえどころがないのが持ち味ですから、がんばれ自分。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント