Post

        

疑う心と信じる心

category - 詩篇(詩集)
2016/ 06/ 17
                 
私の中の信じる心よ、どうか疑う心に負けないで。

まだ若かったあの日、疑うことを知らず。

信じることがすべてだと信じて疑わなかった。

いつの頃からだろう。

人の心の奥底を見ようとして、疑うことを覚えてしまった。

その言葉は本心なのか、疑ってしまう・・・

世の中には、知らないほうが幸せな場合がある。

人は真実を追い求めようとする。

でも真実はいつでも隠れている。

その答えが例え期待外れであっても、やっぱり求めずには居られない。

この世界が私たちに、絶えず問いかけているから。

だから毎日、今日の始まりに初めましてを言おう。

信じることは強制されたり、頼まれるものじゃない。

自分の心が信じたいと思うから信じるのだ。

そう、自分一人で生命活動する世界だから。

常識や通例に囚われるのも、自分らしさを貫くのも。

すべては自分次第。

完全に同じ人生の人なんて居ないのだから。

あなたはあなたらしくて良いのです。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント