Post

        

車にはねられる犬や猫やタヌキ

category - コメント
2016/ 06/ 18
                 
道路で死んでいる、犬・猫・タヌキを見たことがありますか?

毎日道路を運転していて、数日に一回は必ず、道路に犬や猫やタヌキの死体を見る。

「かわいそう」なんて思うのは残酷だと思うから、思わないけど。

自分も夜に車を運転していて、よく猫やタヌキをはねそうになる。

その度に急ブレーキを踏んだり、ハンドル操作でよけるんだけど。

安全運転でも、40キロ~60キロは出しているから。

運悪く猫やタヌキを踏んずけてしまったことが一、二回ある。

すぐに引き返して確認するんだけど、死体が無い。

「命からがら逃げてったのかな?」

公道なんていう人間のエゴのせいで、動物は犠牲になっている。

人間が勝手に決めたルールに、動物も従えなんて自分勝手な話だ。

人間をはねて死なせば交通刑務所行きだけど、動物はいくらはねてもおとがめナシ。

道路で寝ている動物の死体が、他の車に踏んづけられて。

死体がグチャグチャになるのは、見ていて耐えらえないから。

発見すると、引き返してきて、死体を道路の路肩に寄せてやる事が数十回あった。

亡骸に合掌する度に、「人間を許して」と祈るのだけど。

猫や犬だったら飼い主も居るだろうし、供養してやるまでは出来ない。

さすがに内臓が全部飛び出している巨大なタヌキの時は、寄せてやることが出来なかった。腸から湯気が出ていた。

自分もきれいごとの好きな、エゴの人間の一人だと思った。

その話を看護師さんに言うと。

「私は一度だけ隅っこに寄せて、保健所に電話して処理を頼んだ」

と言う。

でも保健所だって営業時間でなければ電話出来ないから。

地球最強王者の人間は、どこまで思い上がるんだろう。

勝った負けた、得した損したで日が暮れてゆく夕陽を見て。

夕陽を見て悲しくなると感じる人が居るそうだが。

自分は夕焼け空を持て悲しくなった時は一度もない。

鮮やかできれいな朝焼けや夕焼けを見ていると、嬉しくて感動して泣きたくなる。

人間が暴走しないよう、地球上のすべての生き物との交流の中で。

この世界の答えを見つけてゆく。

常識や既成概念では知ることの出来ない世界がある。

正しい、間違い、許さない!

この感情を捨て去ることが出来きれば、正義の剣を振りかざす人は居なくなるだろう・・・

正義と呼ばれる価値観が、人によって異なるように。

悪だって悪自身から見れば、悪の道が正義なのだから。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント