Post

        

本当のことが知りたかった。

category - アカシックレコード記憶庫
2016/ 06/ 25
                 
十代の頃、真実が知りたかった。

それが原因で病気になったが、何も後悔は無い。

働くだけの人生にあこがれたが、自分には無かった。

探究心は今も持っている。

若かった頃の夢をあきらめきれないでいる。

世界の中で、ひた隠しに隠され続ける真実が知りたい。

でもその欲求は、知りたくない事も知ってしまう副作用がある。

真実はいつも現実の中に隠れている。

一円にもならないことに情熱を燃やす。

「求めよ!されば開かれん」

運命の扉は、新しい世界へ飛び込みたいという冒険心が開く。

何度だって自分の殻を破り続ける。

その場に居ながら、人生の旅が出来る。

旅行をした事が無い自分は、世界の広さを知らない。

井戸の中のカエルに成り果ててはいけない!

しかし、情報に振り回されても惑わされてもいけない。

湯水のように毎日情報の海だ。

知りたくないなら耳をふさげば良い、目を閉じれば良い。

鍛えた洞察力で、本当の真実を知れ。

辛い時もうれしい時も、いつも海が見てる。

自分が海を見るように、海も自分を見つめている。

海神は存在していて、絶えず私を見守ってくれる。

山へ行けば、山神が見つめる。

この世界は鏡(ミラー)。

自分が投げかけた視線と言葉が、自分へ帰ってくる。

だから、いつも自分が追い求め、願っていれば。

その目標へ向かって努力し続ければ、いつか夢は叶う。

一歩一歩の足取りが重くても、軽くても。

やがてゴールラインは見えるだろう。

シーツを涙で濡らした昨日は、君が輝く明日へつながる。

所詮きれいごとだと吐き捨ててしまえば、むなしさが残る。

ダサい臭いセリフを、臆面もなく叫べる勇気が欲しい。

時代の流行りすたりなんて、はじけて消える泡。

ものすごいスピードで移ろい流されてゆく。

普遍的なもの、いつまでも変わらないものを見つけたから。

誰かに伝えたい・・・あるがままの強さを。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント