2014/07/24

Post

        

夢みたいなことが起きている

category - 覚醒
2014/ 07/ 24
                 
リアルタイムで世界情勢もローカルニュースも得えない。

光は現実世界へフィードバックされている。
闇の領域には光エネルギーが不可欠。
どんな生命も光へ向かって歩いてゆくから。

微量ずつ蓄えられる光の粒子は、この地球を覆い始めた。
困難がなければ新しい世界のドアは開かないからだ。

普遍愛は無限の試練を美しいものと認識する。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


透明マントによるテクノロジー犯罪への対処方法は。
誰にでも出来る手段があります。

見えていないだけで存在しているのですから、透明人間という事。

液体や蛍光塗料を浴びせるのが有効です、部屋などが汚れる事を嫌うのであれば、水道水が一番安全ですが。
逆手段としてサラダ油等可燃性の液体を引っ掛ける防衛策は。
見えない被疑者に対してのテクノロジー犯罪の防御に成りえます。
一人では危険ですから必ず誰かと複数で行ってください。

私の場合は夜中に一人でドライブ中に誰も居ない後部座席に向かって。

「御乗車ありがとうございます」

と独り言を言うと。
決まって怨念の電波波動が上半身にビンビン伝わってきます。


近接迷惑は加害者側にもリスクがありますから、たいていは遠隔操作をします。

離れたところから対象の被害者の脳へ、イカガワシイ映像を転送したり。
人工幻聴としてオウム返し的に思考を読み取り新興宗教団体信者独特の少年の黄色い声で感想を聞かせます。
寝ている時の夢の中へも介入しています。夢を操作しています。
ありえないと感じるかもしれませんが事実です。
だからテクノロジー犯罪。
非常識な加害はいくら被害を訴えても相手にされないか病人扱いされて来ました。

Pちゃん / ザ・デイ・アフター
Pちゃん / ザ・デイ・アフター
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント