Post

        

父親との確執

category - コメント
2016/ 09/ 02
                 
父親が毎日暴言を吐く。しかも同じことを何十回も言う。しつこい。大きな声で文句ばかり言う。定年で家に居るようになってから、家族の生活にしつこく干渉してくる。
「カネがすべてだ!カネ持ってるやつが偉いだ!悔しかったら働いて稼いで来い!」
昔から人情味が無い人で、銭勘定の損得で物事を考える。人が傷つくような事を平気で言う。デリカシーが無い。典型的な内弁慶。
親子は上下関係だとはっきり言う。
「夫婦は対等だが親子は対等じゃないぞ!」
と絶叫する。
「お前はかしずいていればいいんだ」
と言ったことがある。反感しかわかない。
今は亡き俳優の名古屋明みたいな顔して、顔を見ると嫌悪感を感じる。
「俺が死んだらお前らやっていけんぞ」
「人間のクズだ、人間がどズルい」
が口癖。
お金が絡むとすぐに「死んでくれ」と言う。
金銭面で負担をする代わりに、精神面で家族に負担をかける。
間違いなく父親は死んだら地獄へ行くと思う。
周りの人や福祉の人らは
「まあまあ、家族なんだから優しくしてあげて」
と言うが。憎まれ口の暴言を毎日連呼しているから、憎い感情が先立ってしまう。
明治時代の父親みたいで、不器用なのにも限度がある。
子供は親に対等と認められるか乗り越える事で、大人に成る事が出来る。
自分も幾つまでも親離れできないが、父親もいつまでも子離れしてくれない。
私を一人の大人として認めてくれない。
50歳近くになっても父親に縛られている。
以前言い合いになってケンカした時に
「お前なんか誰も認めてないぞ!!」
と絶叫した。
「お前なんかこうだぞ!」
と手の平でパーを作って顔の前で上にあげた。
キチ○イの怠け者だと言いたいのだろう。
定職について安定した収入を得る事が、一人前の大人に成る事だと信念を持っているようだ。
世の中には病気などの障害を持っていて、怠け者ではなくて働けない人も居る事を認めていない。

父親も母親も携帯電話を買ったことが無い。
不便だから持って欲しいのだが、人の言う事を聞くたちではないからあきらめている。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント