Post

        

世間が怖い

category - コメント
2016/ 09/ 02
                 
肥満と不整脈の高血圧で、胸が苦しくてたまらないので。
今夜何十年かぶりに家の近くを散歩した。
気晴らしにはなった。

昔、散歩した時は怖くてどうかなりそうだった。
今夜も周りの目が気になって、何か変なことを言われるのじゃないかと怯えていた。いまだに世間に怯えて生きている。
今まで二十年以上も、世間にいじめられたトラウマは消えない。

車を運転する時にも、道路上の赤の他人の声が怖いのでいつも窓を閉めてエアコンをかける。
でもたまに風の感触が欲しくて、窓を全開にして運転する。
窓を開けて運転するといろんな感覚が芽生えてくる。

散歩して感じたことは、やっぱり路地の家の喧騒が怖い。
9月初めの晩夏の生暖かい風は、無慈悲。
いい加減で無責任な事ばかり言われて傷ついたから、トラウマになってる。病院は絶対にPTSDだと診察してくれない。聴いてもくれない。
いじめるほうは簡単に忘れても、いじめられるほうはなかなか忘れる事が出来ない。
解った事は、怯えて構えていると他人は面白がってバカにして笑う。

それと、自分の事を私と言うのはいい加減嫌気がさしてきた。
なんか、誠実な人間のふりをしているみたいでうんざりする。
堅苦しいったらありゃしない。
俺とか僕のほうがいい。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント