Post

        

知りたくない答え

category - 未来からの記憶
2016/ 09/ 09
                 
この世の大半の人間は、知る事は良い事だと考えている。
でも、答えを求める事は必ずしも良い事とは限らない。
答えがあるなら出せと社会では教わるが。
知ってはいけない事を知る事によって、その身が脅かされたり。
この世の心理を知りたいと願って、ここまで地獄を見てきたけれど。
やはり知らないほうが幸せだった、知りたくはなかったという事案がある。

真実という言葉を耳にすると、人が変わってしまう。
真実という言葉にこだわり過ぎる人は多くいる。
しかし、真実は人間にとって都合の良いものではない。
今でも昔からでも、この世界は混沌としていて全体は救われてはいない。
個人が幸せだったら不幸せな個人が居ても致し方ないのだろうか?
個人幸福論よりも、全員幸福論であるべき。
この世界は個人の世界でも、死んであの世に一人ずつ逝くとしても。
世界が滅びるときは、集団自殺のように海の底へ沈んでしまう。
核戦争が起きて世界が滅びる危険は昔からある。
巨大な隕石が地球に衝突しただけでも、何千万人という人が亡くなる。
この人間の文明が永遠に続くなんて保証はどこにもない。
太古の昔から人間は文明と争いを繰り返してきた。
よく飽きないと感じる。
利己主義と武力主義が世界を覆う。
非暴力とリタ(利他)の精神は産まれないのだろうか。
誰もがこれは自分のものだと主張すれば、トラブルは消えない。
誰もがお互いに一歩譲ってその存在を認めれば、火種は消えるのに。

かわいいは世界を救えないけれど、
やさしいは世界を救えないだろうか。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント