Post

        

人生我慢ばかり

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2016/ 09/ 16
                 
20歳の白昼夢の時から、恥ずかしい意味での有名人になった。

色んな人に好奇な目で見られて変な事を言われる。

怯えていると「笑える」と言われてゲラゲラ笑われる。

であるから、あらゆる夢をあきらめた。

250ccの中古のオフロードバイクを買い、テントやキャンプ道具を積んで日本中を旅したい夢があった。

いろんな景色を見に行きたかった。

あきらめた夢は日常的な事にもある。

コンビニへ平気で立ち寄り、いつまでも立ち読みをする。

マクドや吉野へ入り、偉そうに飯を食う。

デゼニランド(ディズニーランド)とか旅行へ行き旅を満喫する。

有名歌手のコンサートへ行き、はじける。

友人が「マクドのハンバーガー食べ飽きた」

知人が「誰かのコンサートへ行って感動した」

うらやましいとしか感じない。

人生我慢ばかり、いつも人目を気にしてコソコソ隠れて生きて来た。

別に悪い事も間違ったこともしちゃいない。

出る杭は打たれると言い、大衆の力を正当化しようとする。

自分は何も人生を満喫していない、人生を楽しんでいないじゃないか。

厳しい両親にほったらかしで育てられ、自分から自制心が育った。

我慢ばかりして、自分を律して、不甲斐無い自分を許さない。

苦しいと感じる事なら山ほどある、他の人には信じられないほど。

それでも死にたいとは思ったことない。

人生に苦しみばかりだとしても、今を生きる答えが知りたい。

気が付いたらいつも一人だ。

かたわらに誰か居て欲しいと思うけど、甘え方さえ知らない。

何でも一人で出来ると強がって見せても、孤独は寂しい。

70億人も人間が住んでいるのに、友達が欲しくて泣いている。

「人生楽しんだもの勝ち」

とよく言われる。

でも、はじけようとする自分の中で、ブレーキをかける自分が居る。

許せないのは自分を狙う人間ではなくて、自分自身なのだろう。

理想とする自分が居て、そこへ到底たどり着けない情けない自分が居る。

人は傷ついたとき、慰めて欲しいか放っておいてほしいと感じる。

それを傷口に塩を塗り込むように笑いものにするなんて。

やさしさの欠片も無い人が居た。

バリケードな人は精神病にはならない。

デリケートで繊細な人が精神病になる現代だから。

傷つきやすい人がいじめられる世界、精神的暴力。

メディアがいつもすることの因習が、集団いじめ。

メディアが国民を先導して特定の人物を寄ってたかって袋叩き。

テレビを観る人間はそれにつられて右に習えでいじめる。

いじめがいがある人間を葬り去って、飽きると次のターゲットを探す。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント