Post

        

正しいとか間違っているとか

category - アカシックレコード記憶庫
2016/ 09/ 23
                 
何が間違いで何が正しいのか。

誰にも判りはしない、

今日食べた昼ご飯の美味しさとか、夕刻に見た夕日の美しさとか。

語る事は沢山あっても、それが間違いなんて言う人は居ない。

人の道に反した行いや、悪行の限りを尽くしたって。

それを憎んで「これが正義だ!」なんて誰が叫ぶのだろう。

物質的、精神的な暴力は悲しみと憎しみを生み出す。

暴力の前にはなす術も無いのだろうか。

この世に産まれて来たのは人と争うためじゃない。

子供に人と争う価値観を教えるのは学校。

学校は子供に既成概念を教える。

卒業する頃にはガチガチの石頭にされる。

「世界にひとつだけの花でも、咲かなければ花屋さんに並べてもらえない」

なら、咲かなくても良い。人知れず咲き誇るの野花があるように。

一心不乱に頑張る姿が輝くものだとするなら。

その輝く姿は誰かに認めてもらう対象じゃない。

見返りを求めない愛が世界を救うのなら、無駄な努力だっていとわない。

正しい、間違っているの違いなんて大した違いじゃない。

「自分が正しい!お前が間違っている!謝れ!」

お互いに譲れないからケンカが終わらない。

右に習えで、流行りすたりに踊らされるのはまっぴらだが。

世の中で災いを起こす人は、義によって動く。

「我こそは正しい」

と信じるから、確信犯は取り返しのつかない過ちを繰り返す。

何度産まれ変わっても、同じ過ちを犯してしまう。

人間は懲りない魂、きっと輪廻の狭間で泣いているのだろう。



関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント