Post

        

新興宗教団体の非常識なテクノロジー犯罪が公になります

category - 現実への告発
2014/ 07/ 25
                 
もう言いたくてタマランから言いますが。

テレビ放送ばかり見ていると、マインドコントロールされます。
実際うちの両親もテレビを観るだけの毎日ですから、変なことばかり言うし。
私を裏切って、加害者側に味方をします。
普段は私の味方をしますが、いざという時にはテレビや加害者側の味方をして私を裏切ります。酷いのが父親で、ハナから私をロクでもない半人前と決めつけています。
6年前の春に自分も睡眠中に催眠術をかけられたことがあります。アナログ放送のNHKBSでした。マジシャンの衣装を着た30代の男性俳優が変な儀式をしていました。

マスコミと新興宗教団体が結託してテクノロジー犯罪をしてきました。
実は一連のオウム真理教事件の真犯人は彼らマスコミと新興宗教団体です。
だから警察機構も被疑者なのです。与党が政権を取りたいが為に公〇党と連立を組んだのが元凶でした。

存在しない筈の未来テクノロジーが犯罪に使われているんです。
一番厄介なのが「透明マント」
押井守監督のジャパニメーション「甲殻機動隊」で「光学迷彩」の名称で登場した透明人間に成れる兵器です。
ヤクザが売買しているそうです。・・・グレイ宇宙人も毎日これを着て世界中の都市を散歩していますよ。
じきに新興宗教団体の真面目な信者の方たちの脱出劇が始まります。
芸能人や著名人も大勢その団体に在籍して居ますから。
日本一の規模を誇る新興宗教団体の崩壊が始まります。
愛と勇気と善が戦えば、悪は必ず失脚します。
あり得なかった歴史が、あり得なかった理想世界へ突入する。

「映画みたいだ」

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント