Post

        

凍りついた胸

category - 自分の内心_内宇宙
2016/ 10/ 08
                 
あまりの恐怖に、心は凍り付いた。

胸は張り裂けて、さらに張り裂けようとする痛み。

自分には、人の悲しみや痛みが分かる。

決して自慢ではなく、人に思いやりを発揮できるのは、謙虚な心。


なんだかここ数年、胸が苦しい。胸の真ん中がハラハラする。

心が凍り付いたように冷たい。

布団に横になると自然に涙があふれてくる。

指の腹で涙をぬぐって「何で涙が出るんだろう」と不思議に思う。

心に深い痛手を負っているみたいだ。

8年前から数年間、激しい季節だった。

心にダメージを負わせようとする奴とか居た。

創価学会か何者かにプラズマ兵器で心臓を狙われてから、胸は苦しいが。

自然治癒の力を信じるしかないのかな。

胸の傷が癒やされる日を待ち続ける。

時代は変わっているけれど、この世は変わっていない事に安心。


病院のデイケアへ通っていていつも気を付けているのは。

「和を乱してはいけない、協調性を発揮しなければ」

それでも他のメンバーさんみたいにうまく会話出来ない。

午前9時から午後3時までだから、そんなに疲れないけれど。

「時間に拘束されている必要がある」と病院関係者に言われた。

確かにデイケアが終わって家に帰る時、開放感がある。

毎日を無駄に過ごしているようで、充実しているからこれで良いと思う。

誰にも言えない悩み、切ない胸の内を分かって欲しい。

人を慰めようとして、一番慰められたいのは自分なのだろう。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント