Post

        

涙の純度

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2016/ 11/ 05
                 
汚れない存在は無い。

どんなに純粋で汚れない魂も汚れてしまう。

涙に純度があるのなら、純粋な涙は熱く、傷口にしみるもの。

どんな生命も、涙を知り涙を受け入れる。

着飾り、流行りを受け入れる若者たちの時代。

どうかこの年よりもときめかせて欲しい。

このアナログの世界で私たちは生き、死んで往く。

寂しがり屋がこの世でぼっちなのは、素直に寂しいと言えないから。

誰にも言えない気持ちを告白するケモノは、寂しいと吠える。

罪を重ねる世界で、清算出来ない罪がただ積み重なる。

苦しみ、戸惑う袋小路の外で、悲しみを知らない運の良い大衆。

学校が平均的に生き延びる事を教え、目立つ事を罪悪と教える。

歴史が繰り返すのなら、罪を繰り返す人間の所業も知らないのだろう。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント