Post

        

大切な人のために素直に成れるか

category - 自分の内心_内宇宙
2016/ 11/ 09
                 
自分にも大切な人は居る。

家族や友人が居る。

親友と呼べるほど心を許せる人は居ないが。

恋人みたいな伴侶も居ないチョンガー(男の独身)だが。

その大切な人の前だとついついわがままになってしまう。

素直な気持ちが言えずに、イケずな言葉を発してしまう。

かけがえのない家族や友人は自分の宝物のはずなのに。

そっけない態度をとってしまう。

親しくなればなるほど、心と態度は裏腹になってしまう。

でも平穏の日常の中では、そっけない態度は心地の良いもの。

まだ付き合いの浅い友人のほうが礼儀をわきまえて付き合える。

親しい人にありがとうを言いたい。

「毎日毎日、自分を気にかけてくれてありがとう」

「何も出来ないけれど、あなたに感謝しています」

こんなことをもしも言えたなら、相手は恥ずかしくて困ってしまうだろう。

ハニカミさえも言葉に飲み込んでいるから。

素直な気持ちを伝えるのなら、付き合いの遠い人よりも親しい人が良い。

だって親しい人は自分にとって大切な人だから。

面と向かうと照れくさくて素直な気持ちが言えなくなっても。

日々の暮らしの中でいつも感謝しています。

自分は一人で生きてはいないし、一人では何も出来ない。

弱さをさらけ出すこともコミュニケーションだから。

家族だけではなくて、社会全体で大勢の人が支えあって暮らしている。

赤の他人は決して無関係の関係がゼロパーセントではなくて。

どこかで線がつながっている運命共同体。

赤の他人に話しかけて商売が成り立つように。


関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント