Post

        

category - コメント
2017/ 01/ 23
                 
漫画家志望の友人が出来た。

30代の彼は、昭和や平成の漫画やアニメ全般に詳しい。

ネームを切り漫画を量産するのだが、評価してくれる人が居ないと嘆く。

郵送して東京の出版社に漫画原稿を送るのだが何も評価が無いと言う。

彼のアパートへお邪魔する度に漫画を見せてもらうのだが。

ひとつひとつの絵のセンスはかなり良い、問題は完成度が低い点。

スクリーントーンを一切使用しないし。

プロの作品と比べても、何かが足りない。

それが圧倒的な差となって見るものに判定をさせる。

線画が殴り書きしたように乱暴でち密に描かない。

それを指摘すると。

「一心不乱に丁寧に描いていたら採算が取れないよ」

でもそんなことを考えていたらイケてる作品は出来ないよ。

とくに彼の絵の良いところは一瞬の人物の顔の表情。

光悦だったり驚きだったり、少ない線で的確に表情が表現できている。

先走りしているのが商業の尺度がどこかちぐはぐと言うか。

難癖をつけても自分よりは遥かに先を歩いていると思う。

人間の立ち位置を図ってはいけないと思うが。

今まで個人情報の保護の観点から語るのを辞めていたが、勿体無い。

勿体ないお化けが出るぞお(=゚ω゚)ノ
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント