Post

        

波瀾万丈に憧れる世間

category - コメント
2017/ 02/ 02
                 
とかく順風満帆が良い、金持ちが良いと申しますが。

その反対に、波瀾万丈の激動の生涯に憧れる人は古今東西多く居ます。

眼の前をクリアブルーのレーザー光線が横切った時のあの衝撃とか。

すみません、冗談です。

風はいつでもあなたの味方ではなくて、数知れない試練を与えてくれます。

時と場合によってはその風に命を取られることも。

向かい風は鬼のように厳しいのに、追い風は心強い味方のように優しく微笑む。

数多くの困難を乗り越えたその先にはバラ色の明日が待っている。

誰もがそう夢見て、いや全員ではないですね。

ゼニ勘定に魂を取られた人や権力に群がる男どもの眼には、何が映っているのか。

この容易くて困難な世界で何を夢見て死んで往くのか。

こんなに短い命なのに文句も言えずにただ働いて死んで往くのは、

人間の働き蜂コンプレックスに人が泣かないように。

傷を洗い流すのは、涙の純粋さ。

地球の人口が増えると人口調節のために戦争が起きるそう。

未来永劫、この地球人文明が続く保証なんて無いのに。

掛け値なしの文明活動は果たして宇宙進出が可能なのか?

来世紀に(100年後に)今日を振り返った時。

胸を張って今を生きていると言えますように。






過去でも未来でもなく、現在を生きるのは簡単な事。

テレビや新聞を見て、流行りや最新の情報に敏感になっている脳。

過ぎた事なんてすぐに忘れて些細な事にムカついている現代の人間。

まるで荒廃した都市を徘徊するゾンビだ。

日本のカプコンの人気ゲーム「バイオハザード」をプレイするたび感じる。

権利ばかりを請求する、無いものねだりの大衆に鉛の球を。

自分が感染していないと言う保証がどこにあるのか。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント