Post

        

足跡のついていない道

category - 自分の内心_内宇宙
2017/ 03/ 01
                 
一つの足跡も無い未開の土地。

誰も歩いた事の無い道。

それは細く険しいブッシュの生い茂る原野。

新しい世界に飛び込みたいと願えば、願いは受け入れられる。

精神がぶっ飛んでも身体が悲鳴を上げても良いから。

それは先駆者の器量が問われる、特異点。

異端者の烙印を押されても、心が叫んでいる。

「くだらない大人なんかになりたくはない」

自分の得ばかりを追い求める現代にハリセンチョップ。

あなたが悲しめば私も悲しい、あなたが喜べば私もうれしい。

利他主義の精神しか、もうこの世界を救えないから。

皆好き勝手に生きてるからとか、自分さえ幸せならそれで良いとか。

私利私欲に目がくらんだこの世界じゃ、誰も救えないから。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント