Post

        

愛の意味

category - アカシックレコード記憶庫
2017/ 04/ 16
                 
17歳の時精神科病棟に入院中1985年に。

あまりに統合失調症が苦しかったので。

画用紙に「愛こそすべて!」とマジックで書いて病棟の壁に貼ったら。

それを見た中年のおじさんとおばさんに。

「愛こそすべてだって!新村君いやらしい!」「ゲラゲラゲラ!」

と大笑いされてしまった。

何も恥ずかしくはなかったが、

「この程度の認識力か、貧困な思考だな」とがっかりした。

たぶんそのおじさんとおばさんは「愛イコールSEX」だと思っているんだと思った。

確かにSEXをする時は愛を用いるんだと思うのだけれど。

愛と言う言葉は大きな言葉だ。

人間愛や人類愛、博愛や慈悲、普遍愛。

この問題だらけの地上を救うのはもう愛しかないと感じたから。

愛とはすばらしいものだ。人を救うどころか、幸せにしてくれる。

夢を見過ぎているのかもしれないけれど、愛にメロメロになってしまった。

愛とは本当に偉大で、時に残酷なもの。

この世のすべては愛が変化した姿だから、何もかもが愛おしいんだと思う。

この世の普遍愛は人間が誕生する前から存在して、宇宙を見守ってくれている。

罪深き人間の世界が今でも存在するのは、普遍愛が居るから。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント