2017/04/30

Post

        

愛が足りない世界

category - アカシックレコード記憶庫
2017/ 04/ 30
                 
クソみたいな人生でも生きてる。

半世紀生きたけど、ロクな事は無かった。

踏んだり蹴ったりの七転八倒の人生。

利己的な人間には計算高い人間には成れない。

生きてみて分かった事は、自分は主人公なんかじゃなく。

この社会ではゴミみたいな存在。障害者と言う社会の落伍者。

頭を出すとクギを打とうと邪魔する奴が大勢現れる。

「出る杭は打たれる」って言ったって。

表舞台に立った事も無い人間がプライベートでいじめられる。

頭を押さえつけているのはこの世を支配している悪魔だろう。

私生活は世間のいじめに恐怖して魂は戦慄。

嫌がらせに心はひどく傷ついたが、ひねくれる事は無かった。

「やられたらやり返す」の考えを教える世襲。

「目には目を歯には歯を」の考えを教えるメディア。

寒い世界だ、優しくない世界。人のぬくもりが欲しい。

迷惑をかける人間には、誠実な人間になって立派な生き方をする事が最高の復讐。

毎日の苦しみの中で、がんじがらめの息苦しさの中で。

ほんの些細な喜びを見いだしてはうれし涙を流す。

こころが感じているんだ、「今自分は幸せ」だと。

いくら他人にバカと言われようと、今自分は生きているんだからそれで良い。

かけがえのないもの、輝く理由を知っているから。

学校で教わった教訓は「隣人に勝ちなさい」

クラスや学年で学問を競わせて子供に順位をつけて比べる。

その考えは戦争の原因に成る。

戦争は殺人合戦の言い間違いだから、歴史は罪から逃れてきた。

指導者は大衆を導く、人と傷つけあうために。

大昔から世界は問題だらけだ。

クソみたいな人間の歴史に。

「歴史を学ぶ事が重要」と考えるなら。

歴史が繰り返す理由を知っているのなら。

愚かな人間の歴史を繰り返すよりも。

産まれたばかりの純粋な気持ちのほうが良い。

憎しみも疑いも持たない世代はいつ現れるのだろうか。

愛の世代の子供たちは憂いで居る、産まれくる時代のために。

今度こそ地上が終わらないために人間が昇華する日のために。

何度も産まれて来て、何度も死んで往く理由が知りたいから。

星の夜・タスクセカンドその2

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント