Post

        

何を疑うの。

category - スピリチュアル
2017/ 05/ 14
                 
心の奥底をさらけ出そうとしても、心の奥底を隠してしまう。

疑う心は傷ついた過去を許せないと言う。

集団ストーカー被害を受けている人は皆苦しんでいる。

加害者に憎しみの心を抱いている。

加害者は大衆に紛れて、カモフラージュされているカメレオン効果を利用している。

悪意に満ちた邪なひねくれた心の持ち主に、何を諭しても無理なのかもしれない。

自分が世間に紛れて隠れていると言う安心が、おごり高ぶった精神を産む。

憎しみの連鎖の歴史はもううんざり。

我々は憎しみ合い傷つけあうために産まれて来たんじゃない。

憎しみも悲しみも乗り越えられると信じる。例えバカにされても。

人間の世界は決してきれいじゃなく、汚れて腐っている。

いくら雨が人の罪を洗い流しても、人は業を重ねる。

傷つけ、争いあう世界を乗り越える。

自分の生活に追われる人を悟すのはムリなのだろうか。

醜い人の心を見て来たが、美しい心も存在する。

美しいものを見て涙する心もまた、美しいのだろう。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント