Post

        

雑記です。

category - コメント
2017/ 05/ 25
                 
今日も病院のデイケアへ行って来ました。

今日は何もプログラムには参加せずに、午前も午後も絵を描いていました。

そろそろ就労への何かを始めようかなと考え始めたところです。

親が死んだら車に乗る事も出来なくなってしまう。

働けなければ、アパート借家に一人で住んで生活保護をもらうか。

自分だってあと二十年くらいしか生きられない予感がするし。

とにかく不整脈の高血圧になってから胸が苦しかったのですが。

最近は収まってきました。

毎晩夜中になると、独りだけ取り残されたような気がして悲しくなります。

この追い詰められたような寂しさはいったいなんだろう。

自分は産まれつき感受性が強いみたいで、多くの事を感じてしまいます。

痛みは多くの事を気づかせてくれます。他者の痛みや幸せ。

何気なく過ごしている日常が、実はとんでもなく素晴らしいものであるという事。

今自分は生きているんだと言う実感。

生きている臨場感と幸福観念。

誰だってこの世に産まれて死んで往くのだから。

不遇か裕福かと比べれば、誰だって裕福のほうが良いと答えるでしょう。

想い道理にならない人生、だから面白いのでしょう。

いつもステキな夜と表記するのですが。

どんなに悲しくとも、やっぱり夜はステキです。

その入り口の夕暮れは一番ステキ。

誰もが今日一日をがんばったご褒美に、とびきりきれいな夕日を見せてくれる。

夕方のドライブや深夜のドライブが好きなんです。

恵まれない人生でも、自分は幸せだと感じます。

ささいな何でもない事に喜びを見いだせるから。

集団ストーカーとかマスコミとか、ゴミみたいな人間はこの世に大勢居ますが。

この生命であふれる惑星で生きていて。

結局は何一つ寂しくは無い、この時代に一緒に生きてくれる生命に感謝。

流行りすたりに一喜一憂して、今日も一日が過ぎてゆく。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント