Post

        

少年の心

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2017/ 05/ 25
                 
男なら誰だって少年の青春時代がある。

女だって乙女の青春時代がある。

自分は男だから、かつて昔は少年だった。

昔お世話になった病院では十代の頃は少年と呼ばれていた。

自分はそれが嬉しかったし、可愛がってもらった。

原付免許を取得して50ccのギヤ付きバイクを父に買ってもらい。

毎日公道を走った。まだ昭和の時代。80年代。

何も良い事は無かったけど、毎日が楽しくてワクワクしていた。

こんなに幸せでバチが当たらないかとも思った。

自分も年を取るにつれて、社会の荒波や人生の浮き沈みに遭う。

それでもひねくれずに前向きに考えられるように生きて来た。

今感じる事は、青春が今も続いていて。

この幸せを誰かに伝えたい。

その方法は芸術だったり、ブログ記事だったり。

年を取ると考えが保守的になったり打算的になる人が居る。

少年のきらめきとときめきと気高さが、今もこの胸にある。

いつまでも青臭い心のままで死んで逝くのは、とっても楽しい。

差別も偏見も無い社会に生きたい、道徳や慈悲の心を発揮する社会に。

誰もが笑顔で明るく仲良く暮らせる世界。

人が争うなんて旧時代。

愛の時代が訪れる日を夢見て。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント