2017/05/27

Post

        

さざ波のように

category - 詩篇(詩集)
2017/ 05/ 27
                 
どれだけ言葉を尽くしても。

この想いはあなたに届かない。

かたくなに守り続ける何かに、こころを奪われて。

照り返す陽の光に教えられる。

今日を生きるために糧(かて)を得なさい。

猿が生きるために道具を作り出してから、どれくらい時が過ぎただろう。

魂が旅をして、運命の魂と再び出会う。

数えきれない生命であふれるこの星。

命は受け継がれて。

死んで往く命と産まれてくる命。

幾兆ものドラマがこの世界で演じられる。

時代が何を人に求めているのか、今は何も見えないが。

破壊と再生の女神よ。

愛のスリルとロマンに身を焦がし。

愛が変化したこの世のすべてに敬意をこめて。

憎しみも喜びも、カタチを変えてゆく。

とどまる事を知らない時の中で。

けっして時が平等でないとしても。

青さを忘れた水色の空の下。

今を懸命に生きた証は誰にも奪えない。

涙に明け暮れた昨日も、誰かと笑いあう今日も。

命の輝きは色あせる事はない。

トリンちゃんの催促版・陰影を入れた
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント