Post

        

カタチあるもの

category - 人間力の育て方
2017/ 06/ 05
                 
今日も病院のデイケア行ってきました。

月曜日、週の始まりですね。

今日はデイケアののメンバーさん(患者)と有意義なお話が出来た。

自分の考えている理想を理解してくれる人が居ました。

その人もスピリチュアルが好きで、その勉強をしているそう。

自分が信じている理想、利他主義の世界を理解してくれた。

フランス人のジャック・アタリ氏が予言する、未来では(2060年頃)人類は利他愛に目覚めて、利他主義を基にする超民主主義の世界に成る。

人は自己の利益ばかりを求めるよりも、他者を幸せにすることで、自分の幸せを見いだす事が出来る。

2060年と言えば、自分は多分死んでいますが。

先駆けとしての星の先駆者に成りたいと願った。

少年時代の夢を捨てずに生きてきました。

どんな宝石でも磨けば光ると言いますが。

そこら辺に転がっているみすぼらしい石っころだって、磨けば輝きを放ちます。

昔からうちの母親はジュエリーにまったく興味が無くて。

「宝石がただの石っころに見える」と言います。

自分も同感です。

うん百万もうん千万もするジュエリーをいくら身に着けても。

肝心の中身が汚れていては何の価値もないと思います。

見栄や虚飾で自分を着飾っても。

神様は気が付いているから。

逆に、みすぼらしい身なりをしている人が、まぶしく輝いて見える時があります。

よく、こころの目で見ると言いますが。

このカタチあるものの世界で、見えない何かを探すのには、心眼。

こころの目が必要です。

心眼が開花すれば真理眼に成ります。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント