Post

        

ありふれた幸せ

category - 人間力の育て方
2017/ 06/ 18
                 
幸せは夢中になって追いかけるものかもしれない。

でも一番難しいのがありふれた幸せかもしれない。

手に入れたものと失ったものを数え上げる時。

どうしても涙が出てしまう。

悲しみなんて笑顔で笑い飛ばしてしまえ。

わからない。

この世界はわからないものだらけだ。

割り切って考えて、分かったつもりでいるのも良いだろう。

正しいも間違いも、テストの答案用紙の中でしか通用しない。

きれいなものが汚れてゆく。それがこの世界。

汚れたものだってきれいになれる。それが人生。

生命のはかなさに、今を生きる大切さを学ぶ。

どんなに観念の話をしても、きれいごとになってしまう。

自分が優しい人間だと言えば、冗談になってしまう。

言葉だから弱いのだろうか。

質実剛健な言葉より、やさしくて暖かい言葉のほうが怖い。

自分がくつがえされてしまうから。

誰もが感じる、ありふれた幸せに学ぼう。

特別なものなんて要らない。多くを望めばまた忘れてしまう。

明日の世界が暗闇でなければ、それだけで幸せだ。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント