Post

        

制限のない生き方

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2017/ 06/ 28
                 
制限された肉体の物質世界。

目に見えない精神世界がそれを動かしている。

こころの目で見る愛は、誰にも奪えない。

生き方は誰にも決められない。

社会に生きて群れを作り、群れからはみ出さない生き方をする。

こころを打つものはいつだってはみだしている。

等しく想うもの、はかなく、温かく揺るぎないもの。

生き物のぬくもりの中で目覚める朝。

何度も血と涙が流れる。

いつか見た青すぎる空はもう無い。

青さを忘れた水色の空の下。

人は嘘をつく、嘘が世界を塗り固めてしまった。

今日も生きる争いに明け暮れるケモノ。

馴れ合いと冷酷な世間の中で、生きてゆくだけで精一杯。

生き方を語る生意気な私は、あなたの笑顔が見たい。

どうか自分の信念のせいで人が泣かないように。

誇りも理想も、誰かを傷つけるためのものじゃないから。

言葉なら何とでも言える。

癒える魂が愛を望むなら。

光が指し示す道が何なのか、この胸に解るまで。

何を求めて時代が動くのか、この冷たい夜の中。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント