FC2ブログ

Post

        

昼も晩もカレー

category - コメント
2017/ 10/ 16
                 
今日は月曜日なので就労継続B型はお休みです。

一日病院のデイケアへ行ってきました。

午前はのんびり絵を描いて、午後は男のお喋り交友会。

お喋り交友会の内容は他言無用の秘密、でも面白かった。

お昼の給食はコロッケカレー。全然容量が足りない。

家に帰って、父親の分と自分の分二人分の夕食を作る。

母親が入院しているので毎日作る。

チキンカレーにした、ナスとピーマンを入れて。

ジャワカレーが買ってあるので、ぶち込んだら大変おいしかった。

午後五時にカレーが完成したので、湖西市までおゲームを買いに行った。

湖西市は自分が住んでいる浜松市の隣、家から近く。

PS4持ってないからPS3のおゲームを買う。

ウルフェンシュタイン・ザ・ニューオーダーとコールオブデューティブラックオプス1吹き替え版。安かった中古。

どっちもWinのSteam版持ってるけど買うの。

今はSteamのブラックオプス1が起動しない。2も。
最近ダウンロード購入した3は動く。
Windowsのゲームソフトってすぐ動かなくなるから困る。
6ギガメモリのNvidiaグラフックボードでもAMDCPUが4コアだから、ブラックオプス3で最高画質にすると重くなる。

二本とももう古いソフトになってしまったけれど。

ウルフェンシュタインは最初のスーファミ版はやった事無い。

初期X-BOXの海外版「リターントゥキャッスル」を昔やった。ナチのドイツ兵を殺すアメリカ兵のストーリー。

2009年発売のWin海外版のも買って持ってるけど。

ニューオーダーは自身初のウルフェンシュタイン吹き替え版になる。

ゲームの内容はFPSファーストパーソンシューティング、一人称視点の銃で狙って撃ち殺す残虐なゲーム。

日本ではいまいちだが海外では主流のジャンル。

反戦を唱える自分が戦争のゲームをするのは、相反する矛盾です。

戦争の残虐さ野蛮さが良く解ります。

別に本当に現実で銃を撃ちたいとか思わないけど。

リアルの銃撃戦はゲームとは違う、かなりシビアだ。

武器なんてものを開発する人間が居て、事実武装はきちんと作動する。

聖書があって武器があって麻薬があってセックスがある。

この排他的な世界で何を信じればいいのか。

普遍のものなんだろうね。

流行はすぐにすたれて消える、賞味期限がある。

変わらないものは、どんないつの時代でも人が追い求めるもの。

人生をかけてそれを見つければ怖いものなんてない。

カタチの中でさまよう人の群れ。

哀れんではいけません、自分にも帰ってくるから。

FPSのゲームは憎しみを正当化している。

おゲームだからそれが己には帰ってこない。

ゲームはぬるい・・・痛みを再現できる時代になれば。

昔痛みを再現するゲーム筐体ってのがあったけど。

誰もやりたがらないよな。

苦痛を喜んで受け入れる、殆ど修行の道だな。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント