FC2ブログ
2017/10/28

Post

        

幸福価値基準

category - 人間力の育て方
2017/ 10/ 28
                 
自分が生きている環境、世界、そこに居る事を存在すると言う。

自分が生きている現実を認めている、受け入れる。

無意識の肯定、否定すればこの世界で生きてゆけなくなる。

自分が世界を認めているから世界に受け入れられるとは限らない。

差別や迫害や飢えや貧困や暴力から逃げられない。

運の良い人だけが安心して暮らせる社会。

本当の運とは何だ。

あなたがこの世に産まれた日、世界は希望でいっぱいだった。

学校へ通い、正しい大人に成りなさいにと教わる。

学校で教えられる既成概念、柔軟な頭脳を捨て去る教育。

社会を否定すれば異端者の烙印を押される。

正しい大人とは一体何か?

大勢の意見に賛同し、空気を読める人間?

社会人の大人が求めるのはイエスマン、ノーを言うひねくれ者は要らない。

人生のレールから外れた人間に社会は冷たい。

やり直すチャンスは与えられない。

どんなつぼみも、いつか満開の花が咲く。

摘み取られた芽は、大衆が恨めしいと泣いている。

その他大勢に巻かれて、右ならえの日本人体質。

はみ出すことを恐れるな、そこに安全が約束されなくとも。

どんなに愛と勇気を語っても。

そこには言葉しか残らない。

とがった心を癒やしてくれる言葉、それは宝物。

人間は平等でなければならない、しかし人間は平等ではない。

不公平な社会で苦しんで嘆いて暮らす人間。

世界は問題だらけで汚い、汚染されている。

世界は美しいとか、世界は平和だとか。

脳が天気な連中に言わせておけばいい。

個性と不公平、それをどう説明できるのか。

自分が幸せなら満足するこの地球で。

自分の利益を追求する時代、他者の事はどうでも良い。

どんなに慈悲を説いても結局は自分が可愛い。

自分が巻き込まれなかった、自分が無事で今日を暮らせた。

誰かと共に泣き、笑い、苦楽を同じくする。

誰かの幸せを一緒に喜び、誰かの不幸を一緒に嘆く。

そんな時代錯誤な考えは流行らないのか。

利己から利他への価値観の転換は、いつか訪れるだろう。

利己の利益追求に幸福価値を見いだす時代から。

利他の幸福に自己の幸福価値を見いだす時代へ。

利己幸福論では、幸福が限界と知る日が来る。

いまはバカが夢みたいなことを言っていても。

それが光り輝く世界への架け橋なら。

ソバカス娘・縮小版
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント